小口絵理子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おぐち えりこ
小口 絵理子
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 長野県諏訪市
生年月日 (1974-09-25) 1974年9月25日
没年月日 (2013-12-16) 2013年12月16日(39歳没)
血液型 B型
最終学歴 日本大学芸術学部映画学科
所属事務所 エル・ファクトリー
職歴 ニッポン放送
活動期間 1998年-2013年
出演番組・活動
出演経歴 高田文夫のラジオビバリー昼ズ
ニコ生×BLOGOS
森永卓郎のBLOGOS経済塾など
その他

小口絵理子のアナウンススクール

小口の歩き方

小口 絵理子(おぐち えりこ、1974年9月25日 - 2013年12月16日)は、女性のフリーアナウンサーである。元ニッポン放送アナウンサーで、長野県諏訪市出身である。

来歴・人物[編集]

長野県諏訪清陵高等学校日本大学芸術学部映画学科演技コースをそれぞれ卒業する。出演した大学卒業制作『夢二人形』(1998年)がカンヌ国際映画祭ノミネートされる。

諏訪清陵高等学校時代は端艇部(ボート部)に所属し、1992年に、宮崎高校総体(インターハイ)で女子舵手つきフォアで3位、山形べにばな国体で同種目3位、となる。

1998年ニッポン放送へ入社し、同期に福永一茂がいる。

2003年11月にバセドウ病で体調を崩し、長期療養のために退職する。

2004年8月から1年間、長野県庁から派遣されて中国河北大学留学し、留学生寮で生活した。

帰国後の2005年11月からフリーアナウンサーとしてJ-WAVEで毎週金曜日の日中にニュースを担当し、ニッポン放送で高嶋秀武垣花正らがたびたび話題として扱った。

2005年10月から3月まで放送されたブリタモリ大百科事典」内の1コーナー「りそな銀行Presents ブリタモリ応接室〜社長さんがやってきた!〜」で、3年ぶりにCMに出演する。

2006年4月からニッポン放送で高嶋ひでたけとともに再び番組を担当する。

2007年12月24日の第33回ラジオ・チャリティー・ミュージックソンで、小口と高嶋秀武とともにゲスト出演した林家たい平が2007年に小口が結婚したことをうっかり吐露する。年が明けてから発表する予定だったが、翌日の高嶋ひでたけの特ダネラジオ 夕焼けホットラインで正式に公表した。

2010年3月15日から子宮筋腫のために長期入院し、6月7日に勤務へ復帰する。

2011年8月31日に自身が校長を務める「小口絵理子のアナウンススクール」を開校する。同校はアナウンサー育成、一般的な就職活動(面接)対策、結婚式などの司会技術指導、プレゼンテーション技術向上指導、ボイストレーニングなどの講座を設けた。同校のウェブサイトは、小口自身の活動情報も更新して小口の公式ページとしても機能した。

2011年11月26日に「モンスターハンターフロンティアオンライン」のCMで解説役の畑正憲(ムツゴロウ)と共にアナウンサー役として出演する。

2012年3月12日に「国際コムギ大使」となる。

2012年6月18日に「別冊正論17号 The SEIRON WOMAN」へ寄稿する。

2013年12月16日午前6時ごろに卵巣のために39歳で死去[1][2]する。小口の死去は、12月24日にニッポン放送『高嶋ひでたけのあさラジ!』で、メインパーソナリティの高嶋秀武が公表した。通夜と葬儀は小口本人の希望で近親者のみの密葬で20日と21日に行い、通夜に三宅裕司やニッポン放送の関係者が参列した[2]

過去の出演番組[編集]

CM[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アナウンサー・小口絵理子さん死去BLOGOS編集部2013年12月24日付
  2. ^ a b 元ニッポン放送アナ小口絵理子さん、卵巣がんで死去 スポーツ報知 2013年12月25日閲覧

外部リンク[編集]