富永益生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

富永 益生(とみなが ますお、1971年3月31日 - )は、愛知県豊橋市出身の競輪選手日本競輪選手会愛知支部に所属。ホームバンクは豊橋競輪場

経歴[編集]

末弟は元大相撲前頭で、現在は年寄山分武雄山喬義。当人は次兄。

愛知県立新城高等学校時代、小学校から続けていたサッカーに興じる傍ら、同校の先輩である松井英幸日本競輪学校第52期生)の出身サイクリングクラブである「天狗党」にも籍を置き、松井が1986年の世界自転車選手権・プロスプリントで、中野浩一に次いで2位に入ったことを後に知り、競輪選手への道を決意する。

日本競輪学校第66期生。同期には、児玉広志岡部芳幸らがいる。1990年8月9日奈良競輪場でデビューし5着。初勝利は同年同月11日の同場。

1992年高松宮杯競輪以降、2009年競輪祭までほぼ常時特別競輪(現在のGI)に参加しており、2010年9月25日現在、S級1班にランクされている。また、同年同月現在、GI(相当大会)の決勝進出歴はないが、GII(同)では、1993年ふるさとダービー武雄競輪場、8着)と、1996年共同通信社杯競輪名古屋競輪場、8着)において決勝に進出している。

外部リンク[編集]