富岡聡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

富岡 聡(とみおか さとし、1972年8月2日 - )は、日本CGデザイナー監督有限会社カナバングラフィックス代表取締役三重県出身。

概要[編集]

独特のシュールな世界観を持つCGアニメーション作品を得意とし、CMPVを多数手がけている。近年はCGアニメ「ウサビッチ」の監督・脚本・絵コンテを手掛けている。

略歴[編集]

  • 1997年、東京農工大学大学院修了後、株式会社ドリーム・ピクチャーズ・スタジオに3DCGデザイナーとして入社。背景やキャラクターのモデリングを担当していた。
  • 1999年、フリーランスに転向。CGアニメーション作品の発表を行うようになる。個人制作の初のオリジナルアニメーション「SiNK」を発表、『SiNK』がテレビ朝日系列『D's Garage21』で取り上げられ注目を集める(好評であったため、同局の深夜から早朝に切り替わるまでの間(終夜放送枠)にも同作品や「コインランドリーXYZ」が採用され、ローテーションで放映されていた)。その後も魅力的なキャラクターデザインや斬新な色彩感覚を惜しみなく発揮した作品を発表。CG・メディア関連の賞を数多く受賞し、高い評価を受ける。
  • 2002年、ゲームや遊技機などの分野にも進出、エンターテインメントコンテンツ向けの映像制作を開始。
  • 2004年、有限会社カナバングラフィックスを設立、法人化する。以後、同社を拠点に活動。

主な作品[編集]

他多数

受賞[編集]

  • 「SiNK」マルチメディアグランプリ1999 - 「新しい才能」の部 銀の翼賞(優秀賞)
  • 「DJ HASEBE」マルチメディアグランプリ2000 - エンターテインメント賞
  • 「Justice Runners」文化庁メディア芸術祭(2002年度) - デジタルアート(ノンインタラクティブ)部門優秀賞
  • 「ウサビッチ」

他多数

外部リンク[編集]