富士名雅清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

富士名 雅清(ふじな まさきよ、永仁4年[1]1296年) - 建武3年(1336年1月)は、鎌倉時代から南北朝時代にかけての武士。通称は三郎。若狭守護。『太平記』では富士名義綱[2]富士名判官で知られる。父は湯信清[3]、或いは湯宗清とも。

富士名氏佐々木氏から出た湯氏の支流で、出雲八束郡布志名(富士名)の地頭

元弘2年/正慶元年(1332年)、鎌倉幕府打倒を志した後醍醐天皇隠岐へ流刑となった(元弘の変)。雅清は、北条氏の命により後醍醐の警固役の一人となったが翻意し、後醍醐の隠岐脱出を計画する。(『太平記』巻七「先帝船上臨幸事」)

脱出に向けて雅清は、同族で出雲守護塩冶高貞の助力を請おうと出雲へ帰還するが、高貞により幽閉された。翌元弘3年/正慶2年(1333年)、雅清の帰島を待たず隠岐を脱出した後醍醐は、名和長年に迎えられ船上山に築いた行宮へ入り、追跡してきた隠岐守護佐々木清高と交戦する(船上山の戦い)。この情勢を知り、腹を括った高貞は雅清と共に後醍醐の元へ馳せ参じた。その後も、後醍醐に随行し上洛するなど宮方として倒幕に貢献した。

建武政権では若狭守護に補任された(『若狭国守護職次第』・『大徳寺文書』)。南北朝の争乱が起こると、南朝側として足利尊氏ら北朝方と各地で戦い、建武3年(1336)正月、京都で二条師基軍の武将として北朝方と戦うも戦死した。享年41。

明治31年(1898年)、顕彰碑が意宇郡判官山の頂に建立され、大正4年(1915年)、正四位上を追贈された。

脚注[編集]

  1. ^ 明治45年発行の『道月餘影』に記載の没年齢から逆算。
  2. ^ 義綱の名は、明徳の乱山名氏と結び没落した、同族の塩冶義綱との混同か。
  3. ^ 『若狭国守護職次第』

参考文献[編集]

  • 『大社町史 史料編 古代・中世』(大社町 1997年)
  • 『玉湯町史 上巻』(玉湯町 1961年)
  • 『若狭国守護職次第』(群書類従 第四輯 補任部 続群書類従完成会刊行 1960年)
  • 『富士名(布志那)判官考(原慶三著「山陰史談23」所収 1988年)
  • 『中世荘園の様相』(網野善彦著 塙書房 1966年)

関連項目[編集]