宮脇俊文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮脇 俊文(みやわき としふみ、1953年 - )は、アメリカ文学者、ジャズ研究者、成蹊大学経済学部教授[1]神戸市生まれ。上智大学文学部英文科卒、1979年同大学院修士課程修了。関西外国語大学講師、助教授、成蹊大学経済学部助教授、教授。日本スコット・フィッツジェラルド協会会長。

著書[編集]

  • 『ハロー、ペンパル! やさしい英文レターの書き方 シーズン別』三修社 1991
  • 村上春樹 ワンダーランド』いそっぷ社 2006
  • 『村上春樹を読む。 全小説と作品キーワード』イースト・プレス・文庫ぎんが堂 2010  
  • 『アメリカの消失 ハイウェイよ、再び』水曜社 2012
  • 『『グレート・ギャツビー』の世界 ダークブルーの夢』青土社 2013
  • 『村上春樹を、心で聴く 奇跡のような偶然を求めて』青土社 2017
  • ジャズ・エイジは終わらない 『夜はやさし』の世界』青土社 2019

共編著[編集]

  • 英文手紙の決まりパターン これでらくらく書ける 出す相手によって書き分けられる <Formal><Informal><Neutral>のタイプ別編集(編著)SSコミュニケーションズ, 1993.10 「「3分で書ける」英文レターコツのコツ」1997
  • アメリカの嘆き 米文学史の中のピューリタニズム 高野一良共編著 松柏社 1999.5
  • レイ、ぼくらと話そう レイモンド・カーヴァー論集 平石貴樹共編 南雲堂 2004.2
  • ニュー・ジャズ・スタディーズ ジャズ研究の新たな領域へ 細川周平マイク・モラスキー共編著 アルテスパブリッシング 2010.7 (成蹊大学アジア太平洋研究センター叢書)
  • 映画は文学をあきらめない ひとつの物語からもうひとつの物語へ 水曜社 2017.3

翻訳[編集]

  • ジャネット・フラナー『パリ・イエスタデイ』白水社 1997

出典・脚注[編集]

  1. ^ 教員紹介 > 宮脇 俊文”. 成蹊大学経済学部. 2011年5月5日閲覧。