宮浦駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
宮浦駅
駅舎
駅舎
みやうら
Miyaura
所在地 福岡県大牟田市東宮浦町
所属事業者 三井三池港務所
所属路線 本線・旭町線・勝立線
駅構造 地上駅
開業年月日 1964年昭和39年)8月11日
廃止年月日 1973年(昭和48年)8月1日
乗入路線 3 路線
所属路線 本線
キロ程 2.0km(三池浜起点)km
三池浜 (2.0km)
(3.2km) 万田
所属路線 勝立線
キロ程 0.0km
(2.3km)馬渡►
所属路線 旭町線
キロ程 0.0km(宮浦起点)
(1.8km) 旭町駅
テンプレートを表示

宮浦駅(みやうらえき)は、福岡県大牟田市東宮浦町にある三井化学専用鉄道の駅。かつては三井三池港務所本線・旭町線・勝立線のとして利用された。地方鉄道としての営業期間は、1964年から1973年までの僅か9年間であったが、専用線の駅としては明治時代から存在している。

駅構造[編集]

宮浦駅構内

地上駅。貨物ヤードになっており構内は広い。元々本線、勝立線、旭町線の3線が分岐する拠点駅で、1990年代まで旅客営業用ホームが残存していた。現在も貨物列車の入換作業が行われている。

駅周辺[編集]

  • 三井化学大牟田工場
  • 港工作所
  • 日本セラテック九州洗浄工場

歴史[編集]

  • 1964年(昭和39年)8月11日 - 三井鉱山の駅として開業。実際には明治時代より専用鉄道の駅として存在していた
  • 1965年(昭和40年)3月11日 - 三井三池港務所へ移管。同社の駅となる
  • 1969年(昭和44年)1月6日 - 勝立線廃止。
  • 1973年(昭和48年)8月27日 - 地方鉄道としては廃止。三井石炭鉱業専用線の駅となる
  • 1984年(昭和59年)10月1日 - 従業員輸送列車廃止。
  • 1997年(平成9年)4月1日 - 本線廃止、三井化学専用鉄道の駅となる[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 今尾恵介(2009)「日本鉄道旅行地図帳12号・九州沖縄」pp45

関連項目[編集]