宮城頼久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
宮城頼久
Miyagi Yorihisa.jpg
祥光院像・中晫賛(慈照寺所蔵)
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 元亀元年(1570年
死没 慶長14年3月9日1609年4月13日
改名 長寿(幼名)、頼久
別名 長俊、忠頼、通称:右京進、法名:覚縁[1]
戒名 祥光院殿前右京兆因叔覚縁禅定門
墓所 金戒光明寺塔頭永雲院
官位 従五位下右京進
幕府 江戸幕府
主君 豊臣秀吉徳川家康
氏族 近江山崎氏宮城氏
父母 父:山崎片家、義父:宮城豊盛
兄弟 山崎家盛本庄郷高[2]頼久、女(加藤清正正室)、加藤百助[3]、女(別所吉治正室)、(宮城頼久室)
宮城豊盛の娘
豊嗣

宮城 頼久(みやぎ よりひさ)は、安土桃山時代武将江戸時代初期の旗本

生涯[編集]

元亀元年(1570年)、山崎片家の三男として誕生。後に豊臣家の譜代家臣・宮城豊盛の婿養子となった。

豊臣秀吉に仕え、馬廻[4]

天正13年(1585年)10月6日、従五位下右京進に叙任される[5]

天正15年(1587年)10月、秀吉の北野大茶湯前田玄以と共に奉行を務めた[4][1]

慶長5年(1600年)、義父・豊盛が関ヶ原の戦いで、西軍に属し大坂城平野橋を警護したために戦後に所領を半減されたが、改易を免れ、以後は徳川家に仕える。慶長10年(1605年)、実兄・山崎家盛より但馬国二方郡の大部分である6,014石を分知されて分割支配とされたので、上級旗本として芦屋に陣屋を構えた[6]

慶長11年(1606年)には駿府城石垣の普請を務めた[5]

慶長14年(1609年)、義父に先だって死去。享年40。嫡男の十二郎(豊嗣)が5歳と幼かったため、豊盛が後見となって、駿府で家康に拝謁して許しを得て、頼久の遺領を継いだ。なお、豊嗣は豊盛の死後はその遺領も併せて相続して大名となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 阿部 1990, p. 753.
  2. ^ 本庄秀国の養子。
  3. ^ 加藤清正の養子のち離縁。
  4. ^ a b 高柳 & 松平 1981, p. 244.
  5. ^ a b 堀田 1923, p. 325.
  6. ^ 今井林太郎編 『兵庫県の地名 1 摂津・丹波・但馬・淡路編』 平凡社〈日本歴史地名大系〉、1999年、659頁。ISBN 9784582910193 

参考文献[編集]

関連項目[編集]