宮古上布

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮古上布(みやこじょうふ)は、沖縄県宮古島で生産される上布と呼ばれる麻織物の一種である。一反織るのに2ヶ月以上かかる上布の最高級品。「東の越後、西の宮古」と呼ばれる日本を代表する織物。重要無形文化財

16世紀に、稲石刀自(いないしとぅじ)が、宮古上布を完成させたと伝えられている[注 1]。稲石は、上地与人(ユンチュ)迎立氏の娘として産まれ、ムアテガーラという人物に嫁ぐ。1583年にこのムアテガーラが、琉球王国から帝国(現在の中国)への進貢船に乗り組んだ。航海の途中に進貢船は嵐にあい、激しい波と風の影響で船の舵を操る綱が切れてしまった。ムアテガーラは、嵐の中海へ飛び込みこの船の舵を操る綱を取り替えることに成功し、進貢舟は無事に王都・首里へ帰り着くことができた。時の琉球国王・尚永王は、この功績を讃え、褒美として彼に下地の頭(下地首里大屋子・シムジスイウフヤク)の位を与え、洲鎌与人(与人は、日本の鎌倉時代地頭に相当する役職・村長)に任命した。以後、平民より士族に出世したムアテガーラは、下地真栄(しもじしんえい)と呼ばれるようになった。この夫の出世を大変喜んだ稲石は、琉球国王への返礼として「綾錆布(あやさびふ)」という銘の細やかな麻織物を献上する。綾錆布とは、大名縞の紺細上布で苧麻の原料に染色を施し、長さ11.4m 幅40cm19ヨミの細目布であったという。この麻織物と同じ技術で織り上げた織物は「宮古上布」と呼ばれるようになる。以後宮古上布は、二十数年間琉球王府へ献上された。

ちなみに、16世紀当時の宮古島では、織物が盛んで麻織物だけではなく絹織物・綿織物など様々な種類の織物が存在したようであるが、現在には伝わってはいない。琉球王府から明帝国への献上品として、現在、宮古島産と考えられる少しの織物が中国の故宮博物館に残されているようである。

1609年薩摩藩による琉球王国侵略の後、人頭税として「宮古上布」は課税されるようになった。琉球王府は、各字(村)ごとに村番所を設置し、公の宮古上布の工房としてブンミャー(宮古島の方言では、ブー(糸)・ンミ(績ぐ)・ヤー(屋・(建物))糸績屋)と呼ばれる施設を設け、その村から手先の器用な女性を5、6名選び出し、その場所で琉球王府への貢租として上布を織らされた。

1903年に宮古島にて地租改正が行われ、租税が上布による物納ではなくなると、日本全国向けの商品として生産されるようになった。大正時代には大島紬の技術も高機等の導入され、この時代に宮古上布は歴代で最高の技術を誇った。

1941年(昭和16年)から1945年(昭和20年)まで、太平洋戦争・沖縄戦が行われ、その後沖縄の施政権がアメリカ軍に移行すると、日本全国へ向けての商品流通は禁じられた。その為産業としての宮古上布は廃れた。

注釈[編集]

  1. ^ 刀自は、トゥジ・トゼと読み、宮古島のみならず、沖縄県全域における既婚の女性の敬称である。標準語では刀自(とじ)と発音、古語で言う戸主(とぬし)。ただし、身分の非常に高い(王族・按司の位にある)女性には使わない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]