上布

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上布(じょうふ)は、細い麻糸大麻苧麻)を平織りしてできる上等な麻布[1] 。過去に幕府などへ献上、上納された[1]。縞や絣模様が多く、夏用和服に使われる。

主な産地[編集]

越後上布
新潟県越後地方で生産される。子千谷縮とか越後縮とも。重要無形文化財。苧麻が原料。雪晒し(早春に雪の上でとから蒸発した水分に強い紫外線が当たることでオゾンが発生し漂白)をすることが特徴である。
越後の麻布は正倉院に所蔵があり古代までにさかのぼると考えられ、室町時代には苧麻の流通組織の青苧座(あおそざ、越後青苧座[2])が組織されており、この越後麻布は、江戸時代の寛文年間(1661-1673年)に明石から来た男が明石縮の技術を伝えたことで、肌にべとつかない夏の衣料として普及することになり、その中の上物が越後上布、子千谷縮となった[3]
宮古上布
沖縄県宮古島で生産される。重要無形文化財。手績みの苧麻糸によって作られる錆色(青色)の織物。甘藷で作った糊をつけ、砧で打ってロウを引いたような光沢ができることが特徴。薩摩藩を通じて流通したことから薩摩上布とも。江戸時代薩摩藩の琉球王国支配下では、人頭税の上納品にもなった。八重山上布(やえやま-)は、同県石垣島で生産される。
近江上布
滋賀県湖東地方で生産される。かつて近江商人によって日本各地に流通した。古くは高宮布とか高宮細美(たかみやさいみ)と呼ばれた[4]。近江晒(野洲晒)は古くは白搗きによって行われたが、後に薬品による晒に代わった[5]。明治時代には産業構造が激動し高宮布の生産も途絶えることになっていったが、愛知県神崎郡(現・愛荘や東近江)に移行し、技術革新なども経て(昭和30年代には)近江上布として発展した[6]。近江上布では仕上げの工程に、鈴鹿山脈からの豊富な湧水が使われる[6]
苧麻の糸と麻の糸とが組み合わせられたり[4]、あるいは麻だけ、苧麻だけなど使い分けがされている[5]。2014年では岩島麻が用いられている[7]
奈良上布
奈良晒(ならさらし)。1979年に奈良県無形文化財に指定[8]。越後青苧座の苧麻を精製する技術として生まれ発展してきた[2]。灰汁、天日干し、白搗きによって布の風合いを作るが、この工程に合った合う苧麻も選別されていた。今では苧麻の糸や岩島麻を用いた麻糸で織る[9]。13世紀の鎌倉時代には南都寺院で袈裟に用いられた[10]。「麻の最上は南都なり」と評価を受けた。衰退とともに奈良の蚊帳生地の名でも知られるようになる[8]。1984年に設立された月ヶ瀬奈良晒保存会が技術を保存している[8]。また岡井麻布商店(麻布おかいとして知られる)が現地での手織りの製法を守り、中川政七商店が日本国外での手織りへと事業を切り替え、安く製造できる機械織りも扱い普及に貢献し、販売拠点も各地に展開する[8]。これらの商店は小物、雑貨や布巾といった製品も扱う[8]
能登上布
石川県無形文化財[11]。近江上布の麻糸の産地であったことから、近江より技術者を招いて文政元年(1818年?)には、能登縮が生まれた。
古くは能登縮、出荷港の名で阿部屋縮(あぶや-)と呼ばれ、昭和初期には全国一位の生産量を誇っていた、1982年には織元は一軒のみとされていた[11]。古くは麻[12]、大正末ごろから苧麻が使われるようになった[11]。能登上布は海晒しを行うため、かつての生産地の付近の海岸は雪が降ったように白一面となっていたといわれ、記録では1940年(昭和15年)まで行われており[11]。次第に生産者が減り技術が途絶えそうになり、能登上布保存会が発足し、また1981年には石川県立鹿西高等学校に「能登上布の里」という資料館ができ技術者が生徒に機織りを教えている[11]

特徴[編集]

最も衣料に適する柔らかさとなるのは大麻の晒であり、苧麻の晒は、麻の晒ほど柔らかくはならない[5]。透かしの美しさを使った布もいつの時代にもあり、古くは平安時代の、虫の垂衣(むしのたれぎぬ)は平安時代の上流階級の夫人が用いた笠に使われた、苧麻製の薄い布で[5]、顔を隠したとも言われる。

中世から近世での三大麻布は奈良晒、越後縮、高宮布であり、江戸時代にも改良が重ねられた[2]。江戸時代末にはコピー品も出回った[2]

越後縮以外はどのような糸であるか特徴が分からなかったが、奈良晒には布に押した朱印の慣行があり、その詳細についての江戸時代の資料があったため解明が進み、2000年には博物館にて展示会が開催された[5]。高宮布(近江)や八講布(越中布)では江戸時代の文献にてよく言及があるがなかなか解明が進まなかった[2]。江戸時代の近江上布については資料もなく、印もなく、僅かに生産組織についての文献があり、『万金産業袋』には奈良より勝るとか、近江晒の「しろ高宮」と記載されている程度だった[5]。1986年に滋賀県の能登川博物館に寄贈された『切本帖』(1819年)が、近世麻布研究所の吉田真一郎によって高宮布の布見本帳だと判明し、麻と苧麻を使い分けていた実態が解明され、2007年には同博物館で「謎の近江上布に迫る」という展覧会が開催された[13]。これは柄の白糸を際立たせるために、大麻では限度があるため苧麻を真っ白な糸にしたもので、使われている大麻の糸は未晒しから五分晒しであった[5]。大麻の特徴を生かし作られていた、近江特有の渋い色調の高宮縞や、大麻で作られた「しろ高宮」が判明した[5]

出典[編集]

  1. ^ a b 上布(コトバンク)ブリタニカ国際大百科事典小項目事典、世界大百科事典第2版
  2. ^ a b c d e 吉田真一郎「近世日本麻布考」『日本の自然布』平凡社、2003年、57-81頁。ISBN 4-582-94461-2
  3. ^ 吉岡幸雄「越後上布」『日本の自然布』平凡社、2003年、90-93頁。ISBN 4-582-94461-2
  4. ^ a b 川村隆一「近江上布」『繊維学会誌』第61巻第9号、2005年、 249-252頁、 doi:10.2115/fiber.61.P_249NAID 130004433795
  5. ^ a b c d e f g h 吉田真一郎「晒布産地にみる苧麻糸と大麻糸の使い分け」『はた』第16巻、2009年3月31日、 88-97頁、 NAID 110007088011
  6. ^ a b 【近江の麻 近江上布】清らかな湧水、そして先人の高い技術が育んできた最高級の麻織物”. 地元びいき (2016年10月21日). 2018年4月1日閲覧。
  7. ^ 東吾妻郡教育委員会 (2014年1月16日). “【群馬県】古代より綿々と伝えられてきた伝統技術 岩島麻保存会”. 地元びいき. 2017年10月1日閲覧。
  8. ^ a b c d e 福島寛子 (2015年3月). “奈良晒の伝承の形と未来への展望‐伝えるということ - 芸術教養学科WEB卒業研究展”. 京都造形芸術大学通信教育部. 2018年3月25日閲覧。
  9. ^ 吉野の山守が案内する山と森から生まれる奈良のものづくり。 Part2:大麻の伝統文化と奈良晒(ならざらし)”. COLOCAL (2014年2月25日). 2017年10月10日閲覧。
  10. ^ なつそひく―麻 せんぐう館 平成28年度企画展示”. せんぐう館. 2017年9月7日閲覧。
  11. ^ a b c d e 『月刊染織』第16号、1982年7月、 8-27頁。
  12. ^ 関家正達『麻織物製造法と其の実例』麻織物普及刊行会、1938年。
  13. ^ “高級麻織物高宮布の謎見えた 大麻・苧麻を使い分け”. 朝日新聞: p. 滋賀朝刊23面. (2007年7月12日) 

外部リンク[編集]