実力行使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

実力行使(じつりょくこうし)とは、問題解決のための手段として、話し合いや相手に対しての譲歩などといった平和的な方策を用いるのではなく、武力暴力など有形力を実際に使うことによって相手を抑圧するという形で解決させるということ。デモなどの鎮圧手段、労働争議でのストライキを指す呼称としてしばしば使われる。

問題が発端した初期段階では話し合いなどで解決させるという事を試みていたものの、それでは不可能だと判断された場合に解決手段を実力行使に切り替えるという場合が度々存在する。最近行われた実力行使の例としては、2010年5月タイバンコクでのタクシン元首相派による都心部占拠の排除が挙げられる[1]

脚注[編集]