宝塚東・宝塚西トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
宝塚東トンネル
Takarazuka-higashi tunnel 001.jpg
宝塚東トンネル(下り線)
概要
位置 兵庫県
座標 北緯34度49分1.5秒 東経135度21分13.0秒 / 北緯34.817083度 東経135.353611度 / 34.817083; 135.353611
現況 供用中
所属路線名 E2A 中国自動車道
起点 兵庫県宝塚市
終点 兵庫県宝塚市
運用
所有 西日本高速道路株式会社
通行対象 自動車
技術情報
全長 (上り線)360m
(下り線)360m
道路車線数 (西行き)3車線
(東行き)3車線
テンプレートを表示
宝塚西トンネル
概要
位置 兵庫県
座標 北緯35度49分11.9秒 東経135度20分11.7秒 / 北緯35.819972度 東経135.336583度 / 35.819972; 135.336583
現況 供用中
所属路線名 E2A 中国自動車道
起点 兵庫県宝塚市
終点 兵庫県宝塚市
運用
所有 西日本高速道路株式会社
通行対象 自動車
技術情報
全長 (上り線)350m
(下り線)240m
道路車線数 (上り線)3車線
(下り線)3車線
テンプレートを表示

宝塚東・宝塚西トンネル(たからづかひがし・たからづかにしトンネル)は、兵庫県宝塚市中国自動車道トンネルである。両トンネルを総称して宝塚トンネル名塩坂と言う場合がある。

概要[編集]

両トンネル周辺の中国自動車道は関西地区における屈指の渋滞発生箇所として知られる[1]。元々速度低下を招き渋滞の発生しやすい「トンネル入口」であることに加え、宝塚西トンネル上り線・宝塚東トンネル下り線ともトンネル手前が水平・下り坂から上り坂に転じる、いわゆる「サグ」の地形になっていることが渋滞の要因であると指摘されている[1]。さらに、この付近の中国自動車道が阪神高速11号池田線中国池田ICで間接接続)、阪神高速7号北神戸線西宮山口JCTで接続)、山陽自動車道神戸JCTで接続)、舞鶴若狭自動車道吉川JCTで接続)の相互交通が集中する区間であり、加えて適当な迂回路のないことも渋滞を招く要因ともなっている。通常の週末ですら下りは吹田ジャンクション付近まで上りは神戸ジャンクションまで渋滞し、お盆やゴールデンウィーク、年末年始では下りは名神高速の大山崎ジャンクション付近まで上りはひょうご東条ICや山陽道の三木東ICまで渋滞する[要出典]

道路を管理する西日本高速道路(NEXCO西日本)では、渋滞解消策として宝塚東トンネルに向かって合流する宝塚ICの下り線合流車線の延伸、サグ部に「ここから上り坂」と書かれた標識の設置、トンネル入口の照明を明るくするなどの対策をとっており、一定の効果は上げているものの、抜本的な解消策には至っていない[1]

中国道に平行し、2018年3月18日新名神高速道路高槻JCT - 神戸JCT間の全線が開通した[2]。これにより、中国道を経由している東西間の交通が分散され、今後は渋滞が軽減されると見込んでいる[1]

歴史[編集]

出典[編集]

参考書籍[編集]

  • 宝塚トンネルってなんで渋滞するねん?(ラジオ大阪・夕刊フジ特別取材班 著) ISBN 4594054234

関連項目[編集]

外部リンク[編集]