宋楠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pix.gif 宋 楠
Nan SONG
Figure skating pictogram.svg
2011 Cup of China Song Nan.jpg
2011年中国杯の表彰式で
基本情報
代表国: 中華人民共和国の旗 中国
生年月日: (1990-08-09) 1990年8月9日(27歳)
出生地: 黒竜江省 チチハル
身長: 178 cm
元コーチ: Wei Li(李煒)
Sun Yi(孫翊)
Chungling Zhang
元振付師: デヴィッド・ウィルソン
ローリー・ニコル
ジェフリー・バトル
Wei Li
Hailan Jian
所属クラブ: チチハル Winter Sport Club
引退: 2016年4月4日
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 236.09 2014 四大陸選手権
ショートプログラム: 81.16 2013 四大陸選手権
フリースケーティング: 157.38 2014 四大陸選手権
 
獲得メダル
フィギュアスケート
四大陸選手権
2014 台北 男子シングル
世界ジュニア選手権
2010 ハーグ 男子シングル
ジュニアグランプリファイナル
2009 東京 男子シングル

宋 楠(そう なん、中国語: 宋 楠, 中国語ラテン翻字: Nan SONG ナン・ソン, 1990年8月9日 - )は、中国出身の元男性フィギュアスケート選手(男子シングル)。

2014年四大陸選手権3位。

経歴[編集]

躍進のシーズンとなった2009-2010シーズン、ISUジュニアグランプリ ブラエオンシュベルター杯で優勝、ジュニアグランプリファイナルでも2位に入る。シニアクラスでの初の国際スケート連盟主催選手権出場となった四大陸フィギュアスケート選手権でもショートプログラムで2位、総合でも6位と好成績を残す。世界ジュニアフィギュアスケート選手権では中国シングル選手の歴代最高成績となる銀メダルを獲得した。

2011-2012シーズンでは、グランプリシリーズの第3戦となる中国大会ではSP5位からFSで1位と躍進し、総合で3位にランクイン。グランプリシリーズでは2004年の李成江以来の中国シングル選手の表彰台入りとなった。また続く第5戦のフランス大会でも2位にランクインするが、グランプリシリーズ全体のポイントランキングでは7位となり、惜しくもグランプリファイナルへの出場はできなかった。

2012-2013シーズン、中国杯ではSP5位スタートしたものの、FSの6分間練習中にアダム・リッポンと衝突し、競技を棄権した。

2016年4月4日に正式に現役を引退することが発表された[1]

主な戦績[編集]

2010-2011シーズンから[編集]

大会/年 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14 2014-15 2015-16
世界選手権 22 14 15 26
四大陸選手権 9 11 6 3 12
中国選手権[2] 2 1 1 2 2
GP中国杯 3 棄権 8 9
GPエリック杯 6 2 5 6
GPスケートアメリカ 10
ユニバーシアード 1 4
冬季アジア大会 3

2009-2010シーズンまで[編集]

大会/年 2004-05 2005-06 2006-07 2007-08 2008-09 2009-10
四大陸選手権 6
中国選手権[3] 16 7 5 7
世界Jr.選手権 7 2
JGPファイナル 2
JGP B.シュベルター杯 1
JGPミンスクアイス 2
JGPメキシコ杯 5
JGPクールシュベル 5
JGP J.カリー記念 4

詳細[編集]

2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年2月16日-21日 2016年四大陸フィギュアスケート選手権台北 11
66.04
15
128.77
12
194.81
2016年1月26日-29日 中華人民共和国第13回全国冬季運動会ウルムチ 5
75.43
3
146.75
3
222.18
2015年12月26日-27日 全国花様滑冰錦標賽2015-2016ハルビン 3
67.43
2
137.76
2
205.19
2015年11月6日-8日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 9
69.13
6
148.04
8
217.17


2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年4月16日-19日 2015年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 12
62.43
10
124.99
5
団体
2015年3月23日-29日 2015年世界フィギュアスケート選手権上海 26
61.69
- 26
2015年2月4日-14日 ユニバーシアード冬季競技大会グラナダ 3
73.48
6
135.93
4
209.41


2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年1月20日-25日 2014年四大陸フィギュアスケート選手権台北 3
78.71
3
157.38
3
236.09
2013年12月28日-29日 全国花様滑冰錦標賽2013-2014長春 1
80.46
3
135.45
2
215.91
2013年12月9日-15日 ユニバーシアード冬季競技大会トレンティーノ 1
81.56
2
139.14
1
220.70
2013年11月15日-17日 ISUグランプリシリーズ エリックボンパール杯パリ 7
71.36
5
133.37
6
204.73
2013年11月1日-3日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 8
68.68
8
128.12
8
196.80


2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年3月10日-17日 2013年世界フィギュアスケート選手権ロンドン 12
73.03
18
134.65
15
207.68
2013年2月8日-11日 2013年四大陸フィギュアスケート選手権大阪 5
81.16
6
147.30
6
228.46
2012年12月20日-21日 全国花様滑冰錦標賽2012-2013ハルビン 3
65.38
1
148.29
1
213.67
2012年11月16日-18日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 6
65.75
4
139.73
5
205.48
2012年11月2日-4日 ISUグランプリシリーズ 中国杯上海 5
70.86
- 棄権


2011-2012 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2012年3月26日-4月1日 2012年世界フィギュアスケート選手権ニース 1
130.75
15
69.58
12
146.75
14
216.33
2012年2月9日-12日 2012年四大陸フィギュアスケート選手権コロラドスプリングス - 8
69.34
11
121.17
11
190.51
2012年1月4日-6日 中華人民共和国第12回全国冬季運動会長春 2
99.20
1
85.29
2
152.55
1
337.04[4]
2011年11月18日-20日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ - 2
76.53
2
147.57
2
224.10
2011年11月4日-6日 ISUグランプリシリーズ 中国杯上海 - 5
72.72
1
154.03
3
226.75
2011年9月20日-23日 全国花様滑冰錦標賽2011-2012長春 1
105.37
2
65.28
1
151.67
1
322.32[5]


2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年4月24日-5月1日 2011年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 20
63.78
23
112.31
22
176.09
2011年2月15日-20日 2011年四大陸フィギュアスケート選手権台北 12
60.47
8
134.66
9
195.13
2011年1月30日-2月6日 第7回アジア冬季競技大会アスタナ 4
66.54
2
134.56
3
201.10
2010年12月23日-24日 全国花様滑冰錦標賽2010-2011チチハル 2
69.12
3
126.53
2
195.65
2010年11月26日-28日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 8
62.88
5
118.65
6
181.53
2010年11月12日-14日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカポートランド 9
62.21
10
117.89
10
180.10


2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年3月10日-11日 2010年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ハーグ 5
67.97
2
137.28
2
205.25
2010年1月28日-30日 2010年四大陸フィギュアスケート選手権全州 2
72.95
6
136.73
6
209.68
2009年12月3日-4日 2009/2010 ISUジュニアグランプリファイナル東京 1
71.70
2
133.29
2
204.99
2009年10月2日-3日 ISUジュニアグランプリ ブラオエン・シュベルター杯ドレスデン 4
57.08
1
130.63
1
187.71
2009年9月25日-26日 ISUジュニアグランプリ ミンスクアイスミンスク 4
55.52
1
122.59
2
178.11
2009年9月4日-5日 全国花様滑冰錦標賽2009-2010北京 5
59.80
8
101.59
7
161.39


2008-2009 シーズン
開催日 大会名 IF[6] SP FS 結果
2009年4月9日-12日 中華人民共和国第十一回全国運動会青島 7
79.46
6
56.55
3
123.73
5
259.74
2009年2月25日-26日 2009年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア - 10
58.70
5
116.74
7
175.44
2008年9月10日-14日 ISUジュニアグランプリ メキシコ杯メキシコシティ - 6
52.03
7
95.77
5
147.80
2008年8月27日-31日 ISUジュニアグランプリ クールシュヴェルクールシュヴェル - 6
54.43
6
107.20
5
161.63


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 IF[6] SP FS 結果
2008年1月17日-20日 中華人民共和国第11回全国冬季運動会チチハル 9
77.74
6
58.99
7
116.85
7
253.58
2007年10月18日-21日 ISUジュニアグランプリ ジョン・カリー記念シェフィールド - 3
59.42
4
110.18
4
169.60


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 IF[6] SP FS 結果
2004年12月9日-11日 全国花様滑冰錦標賽北京 16 16 16 16


プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2015-2016 マイケル、モーツァルトと出会う
演奏:ピアノ・ガイズ
振付:デヴィッド・ウィルソン
映画『セブンソード』より
作曲:川井憲次
振付:デヴィッド・ウィルソン
2014-2015 Night Train
演奏:メイナード・ファーガソン
Sarabande Suite Aeternae
by Globus
2013-2014 The Middle East Side from 46 Nihavent Longa Album
The Middle East Side from 47 Double Doom Drum Solo Album
ギター・コンチェルト
作曲:マイケル・ケイメン
演奏:布袋寅泰
映画『ミッション』より
作曲:エンニオ・モリコーネ
振付:ローリー・ニコル
映画『LOVERS』サウンドトラックより
作曲:梅林茂
2012-2013 The Middle East Side from 46 Nihavent Longa Album
The Middle East Side from 47 Double Doom Drum Solo Album
交響曲第4番
幻想組曲『ロメオとジュリエット』
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
Sarabande Suite Aeternae
by Globus
2011-2012 映画『レクイエム・フォー・ドリーム』サウンドトラック
作曲:クリント・マンセル
振付:Hailan Jian
ハンガリー狂詩曲第2番
作曲:フランツ・リスト
2010-2011 黄河協奏曲
作曲:冼星海
振付:Hailan Jian
2009-2010 The Way Old Friends Do
作曲:ABBA
映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』より
作曲:エンニオ・モリコーネ
Footprints in the Sand
ボーカル:レオナ・ルイス

脚注[編集]

  1. ^ 宋楠的告别时刻
  2. ^ 中国では全国選手権として複数の大会が行われている。ここでは、国内順位として国際スケート連盟に報告された大会の結果を記載している。複数の大会結果を総合して付けられた国内順位が報告されたシーズンは、総合順位を付ける際にもっとも比重の高かった競技会の結果を記載している。
  3. ^ 中国では全国選手権として複数の大会が行われている。ここでは、国内順位として国際スケート連盟に報告された大会の結果を記載している。複数の大会結果を総合して付けられた国内順位が報告されたシーズンは、総合順位を付ける際にもっとも比重の高かった競技会の結果を記載している。
  4. ^ 予選ではなくインタープリティブ・フリーを行った。
  5. ^ 予選ではなくインタープリティブ・フリーを行った。
  6. ^ a b c インタープリティブ・フリー。中国選手権はPCS係数が高いインタープリティブ・フリー、SP、FSの3演目で競われることがある。

参考文献[編集]