安田城 (越後国蒲原郡)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:城跡風景の画像提供をお願いします。2016年11月
logo
安田城
新潟県
築城主 大見氏
築城年 不明
遺構 なし
指定文化財 県指定史跡[1]

安田城(やすだじょう)は、越後国蒲原郡(現在の新潟県阿賀野市)にあった日本の城

白河庄(現在の新潟市北区の一部を含む阿賀野市周辺)の地頭に任ぜられた伊豆の大見氏が、鎌倉時代の初頭に入封し築城されたと言われている。また、築城された頃は周囲の沼地を天然の堀とした主郭のみの館であったが、他の鎌倉期から存在する城と同様に戦国期に外郭や堀を増設し、本格的な城郭となったと考えられている。

越後大見氏は地名の安田を名乗り、その分家は分地先の水原を名乗っている。安田氏は戦国時代には、揚北衆と呼ばれる北越後の国人衆として上杉謙信を始めとする上杉家の家臣として活躍。城主安田長秀は謙信より血染めの感状をうけており、この書状は現存している。

慶長3年(1598年)に上杉氏が会津に移封となると、その後に本庄城に入った村上頼勝の配下である吉武右近が入城。さらに元和4年(1618年)に堀直寄村上城(本庄城から改名)に入り、配下の番城となる。元和8年(1622年)に一国一城令が発布された事により一旦は廃城。

寛永16年(1639年)、直寄の次男の直時が3万石で安田藩を創設した事により安田城も陣屋としてではあるが復活する。しかし、その子直吉正保元年(1644年)に領地替え(領地交換)により村松(現在の五泉市)に移り再び廃城となった。

現在は主郭部分が児童公園(交通公園)となっており、また周囲には体育館などの公共施設が整備されて外郭部分などの一部は破損しているものの、主郭周辺を中心に内堀や土塁などが比較的良好な状態で現存している。

脚注[編集]

  1. ^ 県指定文化財 (PDF)”. 新潟県 (2012年4月1日). 2012年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月4日閲覧。

関連項目[編集]