子供部屋のアリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
『子供部屋のアリス』

子供部屋のアリス』(The Nursery "Alice")は、1890年にマクミラン社から刊行されたルイス・キャロルの著作。キャロルの児童小説『不思議の国のアリス』(1865年)を、キャロル自身が「0歳から5歳」の幼児向けに短く翻案したもので、『不思議の国のアリス』の特徴である言葉遊びやパロディなどを押さえ、子供に語りかけるような易しい文体で書き直されている。挿絵は原著に使われたジョン・テニエルの白黒の挿絵から20の場面を選び、テニエル自身が彩色を施している。ただし表紙絵はテニエルではなく、キャロルの友人のE.ゲルトルード・トムスンが手がけた。

キャロルは1881年からマクミラン社に「幼児向けのアリス」の企画をもちかけており、1889年に一度出版されたものの、印刷された色が派手すぎたために出版を中止している。印刷に失敗したこの版は、原著『不思議の国のアリス』のときと同じくアメリカに輸出された。

参考文献[編集]

  • ルイス・キャロル 『子供部屋のアリス』 高橋康也、高橋迪訳、新書館、1987年(2003年新版)
  • ステファニー・ラヴェット・ストッフル 『「不思議の国のアリス」の誕生』 笠井勝子監修、高橋宏訳、創元社、1998年、199-120頁

外部リンク[編集]