子供部屋のアリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
The Nursery “Alice”
Nursery-alice-1890.png
『子供部屋のアリス』原書の表紙画 (1890年初版)
著者 ルイス・キャロル
ジョン・テニエル
カバー
デザイン
E・ガートルード・トムソン英語版
イギリス
言語 英語
ジャンル ファンタジー
出版社 マクミラン
出版日 1890年(1890年の文学(英語))
出版形式 印刷物 (単行本)
ページ数 72頁
改作:映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅

子供部屋のアリス』(The Nursery "Alice"[1]は、1890年にマクミラン社から刊行されたルイス・キャロルの著作。キャロルの児童小説不思議の国のアリス』(1865年)を、キャロル自身が「0歳から5歳」の幼児向けに短く翻案したもので[2]、『不思議の国のアリス』の特徴である言葉遊びやパロディなどを押さえ、子供に語りかけるような易しい文体で書き直されている。原著に使われたジョン・テニエル白黒の挿絵から20の場面を選び、テニエル自身が子どもに見やすいよう絵を拡大して彩色を施し、なかには描き下ろしたものも含む[3]。ただし表紙絵[4]はテニエルではなく、キャロルの友人のE・ガートルード・トムソン英語版[5]が手がけた。

キャロルがマクミラン社に「幼児向けのアリス」の企画をもちかけたのは1881年であり、1889年に印刷されるものの、刷りあがった色が派手すぎるとして出版を止めさせている。印刷に失敗したこの版は、原著『不思議の国のアリス』のときと同じくアメリカに輸出された。

アリスの姿[編集]

キャロルが認めた色調子の版は、『アリス』シリーズ発刊から実に四半世紀を経た1890年に売り出される。印刷は腕の良さで評判のエドマンド・エヴァンス英語版[注釈 1]に依頼し、この作品でアリスの姿が初めてカラーで読者に紹介された。この本でキャロルは青いワンピースに真っ白なエプロン姿ではなく、アリスに黄色いワンピースを着せて青い縁取りのある白いエプロンを重ね青い長靴下をはかせた。同年、著者が発案した切手入れにもその姿を刷らせて製品化する[6]

キャロルは単に物語の語数を減らし、内容を幼児向けに易しくするだけではなく、まるで子どもに本を読んで聞かせながらページの挿絵を指して尋ねるように、物語の途中で著者から読者に質問が発せられる[注釈 2]。たとえば体が大きくなったアリスの挿絵のあとに、子猫より小さくなるのと天井に頭をぶつけるほど背が伸びるのと「あなた」はどちらがよいか[8]と問いかける。またダッシュという子犬には、元の小説にない逸話を6章に加筆したり[9]チェシャ猫が登場する9章の挿絵に小さく描かれた「きつねのてぶくろ」という花の名前について説明したりする[10]

参考文献[編集]

  • ルイス・キャロル 『子供部屋のアリス』 高橋康也、高橋迪訳、新書館、1987年(2003年新版)
  • ステファニー・ラヴェット・ストッフル『「不思議の国のアリス」の誕生』笠井勝子 (監修)、高橋宏訳、創元社、1998年、199-120頁。
  • Cohen, Morton Norton; Wakeling, Edward (2003) (英語). Lewis Carroll & his illustrators: collaborations and correspondence, 1865-1898. Ithaca, N.Y.: Cornell University Press. pp. 229-231. ISBN 978-0-8014-4148-6. OCLC 473936880. https://www.worldcat.org/title/lewis-carroll-his-illustrators-collaborations-and-correspondence-1865-1898/oclc/473936880?referer=br&ht=edition. 

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ビアトリクス・ポターが水彩画の色調を忠実に再現してほしいと『ピーターラビットのおはなし』初版を頼んだ相手が、印刷職人エヴァンスである[6]。エヴァンスは腕の立つ木版印刷の彫版師でケイト・グリーナウェイを見出したほか、ランドルフ・コールデコットウォルター・クレインの挿絵を木版多色刷り英語版による精巧な印刷で再現し人気を博した。国立国会図書館のデジタルコレクションで鑑賞できる[7]
  2. ^ 『不思議の国のアリス』を1音節の単語のみで翻案したA. L. BurtAlice's Adventures in Wonderland retold in words of one syllable と対照すると、ルイスが幼い読者に向けて凝らした工夫が見える。

出典[編集]

  1. ^ 1865 - present: Macmillan has been sending readers to Wonderland since 1865”. aliceinwonderland150.com. 2020年1月13日閲覧。
  2. ^ The Nursery Alice” (英語). The British Library. 2020年1月13日閲覧。
  3. ^ The nursery "Alice" の全フォーマットとさまざまな版” (日本語). WorldCat.org. 2020年1月13日閲覧。
  4. ^ (英語) The nursery 'Alice'. p. Front cover 1. https://ufdc.ufl.edu/UF00076726/00001/1 2020年1月13日閲覧。. 
  5. ^ Cohen and Wakeling 2003, pp. 229-231.
  6. ^ a b Children's literature”. The British Library. 2020年1月13日閲覧。
  7. ^ オンライン閲覧ができるエドマンド・エヴァンスの挿絵入り児童書”. 国立国会図書館オンライン | National Diet Library Online. 2020年1月13日閲覧。
  8. ^ “II How Alice grew tall” (英語). The nursery 'Alice'. p. 8 (18). https://ufdc.ufl.edu/UF00076726/00001/16 2020年1月13日閲覧。. 
  9. ^ “VI The dear little puppy” (英語). The nursery 'Alice'. pp. 22-23 (32-33). https://ufdc.ufl.edu/UF00076726/00001/33 2020年1月13日閲覧。. 
  10. ^ “IX The cheshire-cat” (英語). The nursery 'Alice'. pp. 35-36 (45-46). https://ufdc.ufl.edu/UF00076726/00001/45 2020年1月13日閲覧。. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]