姑獲鳥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
寺島良安『和漢三才図会』より「姑獲鳥」

姑獲鳥(こかくちょう)は、中国の伝承上の西晋代の博物誌『玄中記』、代の本草書本草綱目』などの古書に記述があり、日本でも江戸時代の百科事典『和漢三才図会』に記述されている[1]

概要[編集]

「夜行遊女」「天帝少女」「乳母鳥」「鬼鳥」ともいう[2]。鬼神の一種であって、よく人間の生命を奪うとある。夜間に飛行して幼児を害する怪鳥で、鳴く声は幼児のよう。中国の荊州に多く棲息し、を着ると鳥に変身し、毛を脱ぐと女性の姿になるという[3]

他人の子供を奪って自分の子とする習性があり、子供や夜干しされた子供の着物を発見するとで印をつける。付けられた子供はたちまち魂を奪われ、ひきつけの一種である無辜疳(むこかん)という病気になるという[3]

これらの特徴は、毛を着ると鳥、毛を脱ぐと女性になるという点で東晋の小説集『捜神記』にある「羽衣女」、他人の子を奪う点で『楚辞』にある神女「女岐(じょき)」と共通しており、姑獲鳥の伝承は、これら中国の古典上の別々の伝承が統合されたものと見られている[4]。また唐代の古書『西陽雑俎』では、姑獲鳥は出産で死んだ妊婦が化けたものとの説が述べられており[4]、『本草綱目』においてもこの説が支持されている[2]

日本の伝承との関連[編集]

日本でも茨城県で似た伝承があり、夜に子供の着物を干すと、「ウバメトリ」という妖怪が自分の子供の着物だと思って、その着物に目印として自分の乳を搾り、その乳にはがあるといわれる[5]。これは中国の姑獲鳥が由来とされ、かつて知識人によって中国の姑獲鳥の情報が茨城に持ち込まれたものと見られている[6]

江戸時代初頭の日本では、日本の伝承上の妖怪「産女」が中国の妖怪である姑獲鳥と同一視され、「姑獲鳥」と書いて「うぶめ」と読むようになったが、これは産婦にまつわる伝承において、産女が姑獲鳥と混同され、同一視されたためと見られている[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 寺島良安 『和漢三才図会』6、平凡社東洋文庫〉、1987年、342-343頁。ISBN 978-4-582-80466-9
  2. ^ a b 、396-397頁。
  3. ^ a b 郭氏、301-303頁。
  4. ^ a b c 多田、29-40頁。
  5. ^ 民俗学研究所編著 『綜合日本民俗語彙』第1巻、柳田國男監修、平凡社、1955年、136-137頁。NCID BN05729787
  6. ^ 村上健司編著 『日本妖怪大事典』 角川書店〈Kwai books〉、2005年、46頁。ISBN 978-4-04-883926-6
  7. ^ 鳥與史料 - 梟 臺灣國立自然科學博物館

参考文献[編集]