太洋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
太 洋一 Football pictogram.svg
名前
愛称 フト、フトリ
カタカナ フトリ ヨウイチ
ラテン文字 FUTORI Yoichi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1982-08-03) 1982年8月3日(37歳)
出身地 千葉県野田市
身長 186cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム 東京23FC
ポジション GK
背番号 31
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2008 ロッソ熊本/ロアッソ熊本 19 (0)
2009-2011 ガンバ大阪 0 (0)
2012-2013 東京ヴェルディ 0 (0)
2014- 東京23FC 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年2月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

太 洋一(ふとり よういち、1982年8月3日 - )は、千葉県出身のプロサッカー選手関東サッカーリーグ1部・東京23FC所属。ポジションゴールキーパー

来歴[編集]

ジェフユナイテッド市原のジュニアユースから、ユースへと進み、1998年にはアジアユースを戦うU-16日本代表にも選出されるがトップチームへの昇格は叶わなかった。

高校卒業後の2001年には駒澤大学へ進学。駒澤大では関東大学1部リーグ優勝や総理大臣杯優勝、インター・カレッジ優勝などに貢献。

2005年九州リーグ所属のロッソ熊本(当時)に加入。入団当初から背番号1を与えられ期待されるが、怪我などに悩まされ正ゴールキーパーの座を奪うには至らなかった

2009年J2リーグロアッソ熊本からガンバ大阪へ完全移籍した。しかし、3シーズン出場機会を得られず、2011年限りで退団。

2012年東京ヴェルディに完全移籍。ここでも出場機会はなく、2013年シーズン終了後に退団[1]

2014年東京23FCへ移籍[2]

人物・エピソード[編集]

  • 大学4年時に参加した2004年度インカレでは圧倒的な力で優勝を果たす。自身も大会ベストゴールキーパー賞に選ばれた。この年のベストGK(太洋一)、ベストDF(小林亮)、ベストMF、ベストFW(赤嶺真吾)、MVP(中後雅喜)と全ての個人賞を駒澤大の選手が総なめにした。
  • 2005年、熊本に入団した1年目の登録名は「太 陽一地」だった。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2005 熊本 1 九州 4 0 - 0 0 4 0
2006 JFL 8 0 - 1 0 9 0
2007 0 0 - 1 0 1 0
2008 31 J2 7 0 - 0 0 7 0
2009 G大阪 26 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2010 0 0 0 0 0 0 0 0
2011 0 0 0 0 0 0 0 0
2012 東京V 31 J2 0 0 - 0 0 0 0
2013 30 0 0 - 0 0 0 0
2014 東京23 31 関東1部 -
通算 日本 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
日本 J2 7 0 - 0 0 7 0
日本 JFL 8 0 - 2 0 10 0
日本 九州 4 0 - 0 0 4 0
日本 関東1部 -
総通算 19 0 0 0 2 0 21 0
国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFCACLクラブW杯
2009 G大阪 26 0 0 -
2010 0 0 -
2011 0 0 -
通算 AFC 0 0 0 0

タイトル[編集]

大学[編集]

駒澤大学

クラブ[編集]

ガンバ大阪

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 太洋一選手契約満了のお知らせ”. 東京ヴェルディ (2013年12月5日). 2013年12月5日閲覧。
  2. ^ 新加入選手のお知らせ”. 東京23FC (2014年2月15日). 2014年2月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]