天野屋 (千代田区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社 天野屋
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
101-0021
東京都千代田区外神田二丁目18番15号
設立 1846年創業
業種 食料品
法人番号 7010001009157
事業内容 糀、甘酒、味噌の製造販売
テンプレートを表示
天野屋
AMANOYA
Amanoya2a.jpg天野屋
(2018年2月3日)
店舗概要
所在地 101-0021
東京都千代田区外神田二丁目18番15号
座標 北緯35度42分4.88秒 東経139度46分1.67秒 / 北緯35.7013556度 東経139.7671306度 / 35.7013556; 139.7671306座標: 北緯35度42分4.88秒 東経139度46分1.67秒 / 北緯35.7013556度 東経139.7671306度 / 35.7013556; 139.7671306
開業日 月 - 土曜日、祝日
閉業日 4月 - 12月第1週日曜日(12月第2週 - 3月末、日曜日無休)、8月10日 - 17日
正式名称 天野屋
営業時間 月曜 - 土曜日 午前10時 - 午後6時、祝日 午前10時 - 午後5時
駐車台数 無し台
最寄駅 JR中央線、JR総武線御茶ノ水駅、JR山手線秋葉原駅、JR京浜東北線秋葉原駅、東京メトロ丸ノ内線御茶ノ水駅、東京メトロ千代田線新御茶ノ水駅湯島駅、東京メトロ銀座線末広町駅
最寄IC 首都高速西神田出入口
外部リンク http://www.amanoya.jp/
テンプレートを表示

天野屋(あまのや)は、東京都千代田区外神田二丁目にある自家製を使った製品の店舗

概要[編集]

天野屋は、1846年(弘化3年)に創業された。創業当時から、「明神甘酒」「芝崎納豆」「江戸味噌」などを、敷地内の地下6mの土室(むろ)で作られた(米こうじ)を生成し、熟成を待って作られている。

営業情報[編集]

  • 閉店日 - 4月 - 12月第1週日曜日(12月第2週 - 3月末、日曜日無休)、8月10日 - 17日
  • 開店日 - 月 - 土曜日、祝日
  • 営業時間 - 月曜 - 土曜日 午前10時 - 午後6時、祝日 午前10時 - 午後5時
  • 取扱商品
    • 甘酒 - 合格明神、明神甘酒、ストレート甘酒、合格甘酒
    • 糀 - 生糀、塩糀セット、塩糀
    • 納豆、納豆ふりかけ、ドライ納豆 - 芝崎納豆、納豆ふりかけ、納豆茶漬け、唐辛子入り納豆ふりかけ
    • 久方味噌、江戸味噌、田楽味噌
    • 漬け物 - 黄金楽京、青じその実、葉唐辛子、特選福神漬、紅生姜、小茄子辛子漬
    • 甘酒まんじゅう、明神わらび、くず餅
    • お豆類 - 明神福豆
    • 乾菓子 - 塩かりんとう、ピーナッツ太鼓、味噌せんべい、納豆あられ
    • その他 - やげん堀、ピーナッツ味噌
    • グッズ、小物 - 天野屋特製神田祭キューピー

交通アクセス[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 実業之日本・ACC編『オール生活』「あきない一途で大賑い どっこい生きてる 江戸つ子商売 糀・甘酒天野屋」実業之日本社、1986年3月、国立国会図書館蔵書
  • 『商業界』「江戸時代の土室で育てた糀を元に甘酒や味噌を作る 天野屋(東京・神田) 中村雄昂」商業界、1987年5月、国立国会図書館蔵書
  • 日本伝統食品研究会『伝統食品の研究 Quest of traditional food (10)』「調査報告 消える天野屋の糀土室 吉田よし子」日本伝統食品研究会、1991年12月、国立国会図書館蔵書

関連項目[編集]

外部リンク[編集]