大須賀虔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大須賀 虔(おおすか けん、1944年4月10日 - 2001年9月27日)は、日本の法学者成城大学名誉教授。専門は民事訴訟法法学博士東京大学、1975年)(学位論文「民事上告法の基礎的問題-制度目的との関連に於ける一考察-」)。民事上告制度と国際民事訴訟法に関する業績が多い。2001年9月27日に死去。享年57。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

学内における役職[編集]

  • 1993年4月 成城大学教務部長(1995年3月まで)
  • 1994年4月 成城大学入試広報部長(1995年3月まで)
  • 1996年11月 成城大学評議員(1998年10月まで)
  • 1997年4月 成城大学就職部長(1999年3月まで)
  • 1999年4月 成城大学評議員(2001年3月まで)

著書[編集]

  • 『注釈民事訴訟法(4)』共著(有斐閣、1997年)
  • 『注釈民事訴訟法(8)』共著(有斐閣、1998年)