大野勝彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大野 勝彦(おおの かつひこ、1944年2月3日 - )は日本の詩人画家熊本県菊池郡菊陽町出身。

1989年、不慮の事故により両手を切断、それより詩人・画家となる。

プロフィール[編集]

  • 1944年(昭和19年)2月3日 熊本県菊池郡菊陽町生まれ。高校卒業後、実家の農家(ハウス園芸)を営む。
  • 1989年(平成元年)7月22日 農作業中、機械により両手を切断。入院3日目より、“湧き出る生”への想いを詩に託す。さらに2か月目には、その喜びを水墨画に表現
  • 1990年(平成2年)2月 熊本県立劇場で詩画の個展を開催
  • 1990年(平成2年)7月 1年間書きためた詩を一冊の本「両手への賛歌」として自費出版
  • 1991年(平成3年)2月 水墨画集「両手への賛歌」出版
  • 1991年(平成3年)7月 「両手への賛歌」で第9回熊本現代詩新人賞受賞
  • 1991年(平成3年)   やまびこ塾開設
  • 1992年(平成4年)11月 熊本日日新聞社「豊かさ作文コンクール」グランプリ受賞
  • 1993年(平成5年)7月 「さよならのあとに」出版
  • 1993年(平成5年)12月 障害者芸術祭書画の部金賞受賞
  • 1995年(平成7年)10月 詩画集「風の丘から-ふり向けば母の愛が-」出版
  • 1996年(平成8年)9月 講演1,000回記念「ありがとう講演会」を熊本市産業文化会館で開く
    • 「詩画集カレンダー」制作(以降、毎年)
  • 1998年(平成10年)8月 詩画集『やっぱ いっしょが ええなぁ』出版
    • 「九州あったか絵手紙大賞」九州郵政局長賞受賞
  • 1999年(平成11年)6月 クラウンレコードより「ありがとう人生」CDを全国発売
  • 2002年(平成14年)7月 詩画集「そばにいた青い鳥-失って見えてきたもの」出版
  • 2003年(平成15年)7月 阿蘇長陽村(現南阿蘇村)に「風の丘 阿蘇大野勝彦美術館」開館
  • 2004年(平成16年)4月 3,000回記念講演会「ありがとうがいつか笑顔になった」を米国ロサンゼルスにて開く
  • 2005年(平成17年)9月 大分県九重町九州芸術の杜 株式会社内に「風の丘 飯田高原 大野勝彦美術館」を開館

2017年4月閉館

  • 2006年(平成18年)4月 詩画集『夢は叶うもの 思い強ければ』出版
  • 公式ホームページより

活動[編集]

普段の大野は、朝から絵画をスタートするときに両腕に義手をつけ、義手で絵画を行う。

絵画の内容は、地蔵阿蘇山の自然、動植物など。

大野が主宰する「やまびこ塾」でははがきに絵を書く「はがき絵」の教室を行っている。

美術館[編集]

外部リンク[編集]