大橋一章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大橋 一章(おおはし かつあき、1942年4月14日 - )は、日本歴史学者。専門は日本美術史・東洋美術史。早稲田大学文学部教授。

中国青島市生まれ。早稲田大学大学院博士課程了。

著書[編集]

  • 『寧楽美術の争点』(グラフ社、1984年)
  • 『日本の古寺美術〈4〉 薬師寺』(保育社、1986年)
  • 聖徳太子への鎮魂―天寿国繍帳残照』(グラフ社、1987年)、現・ルックナゥ
  • 『日本の古寺美術〈15〉 斑鳩の寺』(保育社、1989年)
  • 『奈良大和路』(保育社カラーブックス、1993年)
  • 天寿国繍帳の研究』(吉川弘文館、1995年)
  • 『飛鳥の文明開化』(吉川弘文館〈歴史文化ライブラリー〉、1997年)
  • 『図説 敦煌―仏教美術の宝庫 莫高窟』(河出書房新社〈ふくろうの本〉、2000年)
  • 法隆寺薬師寺東大寺 論争の歩み』(グラフ社、2006年)
  • 『奈良美術成立史論』(中央公論美術出版、2009年)
  • 會津八一』(中央公論新社〈中公叢書〉、2015年)

共著[編集]

  • 吉村怜『会津八一―その人とコレクション』(早稲田大学出版部、1997年) 
  • 谷口雅一『隠された聖徳太子の世界―復元・幻の天寿国』(日本放送出版協会、2002年)

編著[編集]

  • 『大和路のみ仏たち―奈良三十三か寺めぐり』(グラフ社、1987年、新版ルックナゥ 2009年) 森野勝との共編
  • 『薬師寺』(里文出版、1990年) 安田暎胤との共編
  • 『論争 奈良美術』(平凡社、1994年)
  • 『法隆寺美術 論争の視点』(グラフ社、1998年)
  • 『薬師寺―千三百年の精華―美術史研究のあゆみ』(里文出版、2000年) 松原智美との共編
  • 『東大寺―美術史研究のあゆみ』(里文出版、2003年) 斎藤理恵子との共編
  • 『「仏教」文明の受容と君主権の構築―東アジアのなかの日本』(勉誠出版、2012年)新川登亀男との共編