安田暎胤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

安田 暎胤(やすだ えいいん、昭和13年(1938年2月9日 - )は現代の法相宗。岐阜県岐阜市生まれ。12歳で薬師寺に入寺。龍谷大学大学院修了。法相宗大本山薬師寺執事長、副住職、管主を経て、2009年8月より薬師寺長老。

経歴[編集]

著書[編集]

  • 『仏の道を思う朝』(講談社、1990年)
  • 『薬師寺』(大橋一章との共編、里文出版、1991年)
  • 『心の道しるべ』(講談社、1999年)
  • 玄奘三蔵のシルクロード』「中国篇」「中央アジア篇」「ガンダーラ篇」「インド篇」(朝日新聞創刊百二十周年記念事務局監修、安田順惠撮影、東方出版、2001年-)
  • 『この道を行く - 来た道往く道』(講談社、2003年)
  • 『住職がつづるとっておき薬師寺物語』(四季社、2004年)
  • 『人生の四季を生きる』(主婦と生活社、2004年)
  • 『花のこころ - 三十六花選』(講談社、2007年)
  • 『まごころを生きる - 人生をひらく仏の心』(大法輪閣、2007年)
  • 『生きる幸せに気づく五つの心』(主婦と生活社、2008年)

共著[編集]

外部リンク[編集]

先代:
松久保秀胤
薬師寺管主
2003-2009
次代:
山田法胤