松久保秀胤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松久保 秀胤(まつくぼ しゅういん 1928年 - )は、法相宗僧侶薬師寺管主、法相宗管長を経て、2003年8月より、薬師寺長老。

略歴[編集]

大阪府大阪市生まれ。1938年、薬師寺で得度。橋本凝胤に師事。旧制松江高等学校卒。

法相宗宗務長、薬師寺副住職を経て1998年高田好胤前管主の死去に伴い、薬師寺管主。2002年、法相宗管長。在任中の平成15年(2003年)年3月21日大講堂落慶法要。2003年、管長を退任し、薬師寺長老。長野蓼科山聖光寺住職。奈良地方裁判所調停委員法務省保護司

現在、唯識教学の普及のため講義を続ける。仏足石研究の第一人者。

著書[編集]

  • 『生きる指針 - あるがままに老い、死ぬということ』(河出書房新社、2001年)
  • 『安らぎを求めて - 唯識が説く心のはたらき』(善本社、2001年)
  • 『唯識初歩 - 心を見つめる仏教の智恵』(鈴木出版、2001年)

監修[編集]

論文[編集]

外部リンク[編集]

先代:
高田好胤
薬師寺管主
1998-2003
次代:
安田暎胤