大横川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平木橋から
福寿橋から
大島水門、奥が隅田川

大横川(おおよこがわ)は、東京都墨田区江東区を流れる運河

地理[編集]

東京都墨田区の業平橋付近で北十間川から分流し南へ流れる。竪川小名木川仙台堀川と交差し、横十間川を合わせる。江東区木場付近で西に流路を変え、大横川南川支川を分流し、平久川と交差する。江東区永代で大島川西支川を合わせ、その先で隅田川合流する。

江東区扇橋から仙台堀川交差付近の区間は、川沿いに桜の並木があり、開花の時期には昼夜を問わず賑わう。江東区主催の和船乗船体験に門前仲町付近の黒船橋から東富橋の区間が使われることがある。

歴史[編集]

江戸時代に埋め立てられた場所にできた運河で、竪川と大川(現在の隅田川)の間の十万坪と呼ばれる葦原を流れていた。

その後、竪川の交差地点から北十間川まで延長されたが、現在は埋め立てられ親水公園として整備されている。

橋梁[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]