大怪獣東京に現わる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大怪獣東京に現わる』(だいかいじゅうとうきょうにあらわる)は、松竹1998年に公開した日本映画。日常生活が怪獣の出現で崩壊する様を描くコメディタッチの怪獣映画の一種である。ただし、本編には怪獣本体やそれを含む特撮映像は一切登場しない。

あらすじ[編集]

のんびりしたある日、東京湾トカゲ型怪獣が出現、自衛隊の奮戦も空しく東京は壊滅、怪獣は山梨県を通過する進路をとり、甲府市を蹂躙、更に西に向かった。そのとき関東地方に巨大地震が発生し、ついで福岡飛行可能なカメ型怪獣が出現、トカゲ型怪獣を迎え撃つかのように北東に進路を取った。

怪獣の出現地点から遠く離れた福井県三国町の住民は、呑気に日常を過ごしていた。しかし、やがて住民達は怪獣らが福井県へと進路を取っていることに気づく。福井には自宅だけではない、原子力発電所もあるのだ。自衛隊はあてにならず、アメリカの大型空母は地震に伴う津波によって海の藻屑と消えた。誰が怪獣を攻撃する? いちばん安全な避難場所はどこだろうか?

登場怪獣[編集]

第一の怪獣
有明埠頭から東京に上陸したトカゲ型(恐竜型)の怪獣。身長80メートル。俊足と口から吐く火が武器。東京から甲府まで進攻したのち、長野県南部で自衛隊の攻撃を受けて一度は引き返すも、再度岐阜県まで進攻。その後、第二の怪獣を目指して西進を始め、琵琶湖で激突する。
第二の怪獣(カメ怪獣)
福岡から上陸したカメ型の怪獣。ジェット噴射による飛行能力を持つ。上陸後は第一の怪獣がいる北東方向へと進攻し、山口県内で飛行を開始。琵琶湖で第一の怪獣と激突する。

登場兵器[編集]

アメリカ軍
韓国軍
  • F-16戦闘機

スタッフ・出演者[編集]

映像資料[編集]

  • DVD ビーム・エンタテイメント BBBJ-1337
  • VHS エムスリイエンタテインメント HVS-0047

外部リンク[編集]