大平健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大平健(おおひら けん、1949年 - )は、日本の精神科医聖路加国際病院精神科部長。 米国ピッツバーグで育つ。東京大学医学部卒業。ペルーに一年滞在し貧民街で診療、帰国後は聖路加病院に勤務。1991年「ヒステリー性格の構造と発達史に関する精神病理学的研究」で新潟大学医学博士

著書[編集]

  • 『分裂病vs失語症 言語症状の構造』海鳴社 1983
  • 『<遊>と<狂> 言語・行為・表情金剛出版 1985 精神医学文庫
  • 貧困の精神病理 ペルー社会とマチスタ』岩波書店 1986 叢書・精神の科学 のち同時代ライブラリー 
  • 『豊かさの精神病理』1990 岩波新書
  • 『診療室にきた赤ずきん 物語療法の世界』早川書房 1994 のち新潮文庫 
  • 『精神科医のモノ・グラフ』岩波書店 1994
  • 『やさしさの精神病理』1995 岩波新書
  • 『拒食の喜び、媚態の憂うつ イメージ崇拝時代の食と性』岩波書店 1996 21世紀問題群ブックス
  • 『顔をなくした女 <わたし>探しの精神病理』岩波書店 1997 のち現代文庫 
  • 『精神科医という生活』講談社 1997
  • 『こころに聴診器読売新聞社 1998
  • 『悲しみよさようならストレスもさようなら』日本放送出版協会 1999
  • 『こころの散歩道』岩波書店 1999
  • 『曇りのち晴れ こちらパソコン専科こころの診察室』日経BP社 2000
  • 『純愛時代』2000 岩波新書
  • ニコマコス流頭脳ビジネス学』岩波書店 2001 「ダメ会議が社員を伸ばす ニコマコス流頭脳ビジネス学」光文社知恵の森文庫
  • 『ニコマコス流アタマを良くするパソコン術』岩波書店 2002
  • 『ニコマコス流恋愛コミュニケーション』岩波書店 2002
  • 『食の精神病理』2003 光文社新書
  • 『マンガで考える精神病理』講談社 2007
  • 『動物がお医者さん なぜペットヒトを幸せにするのか』新潮社 2010 
  • 『治療するとカワイクなります 生きがいの精神病理』新潮社、2013 

共編著[編集]

参考[編集]