大塚和義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大塚 和義(おおつか かずよし、1941年 - )は、日本文化人類学者国立民族学博物館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授。専攻はアイヌ考古学・北方考古学・民族考古学・博物館学

来歴・人物[編集]

東京都出身。明治大学文学部(考古学)卒業後、立教大学大学院修士課程(民俗学)修了。埼玉県立博物館学芸員を経て、1976年に国立民族学博物館第一研究部助教授、1992年に同第五研究部(後に民族文化研究部)教授を経て、2005年3月末に定年退職。同年4月より、大阪学院大学国際学部部長・教授を2017年3月末まで務めた。

主な著作[編集]

単著[編集]

編著[編集]

共編著[編集]

  • 『日本海の新世紀5 交易の海』(小泉格、丹羽昇との共編・角川書店


外部リンク[編集]