堀河護麿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

堀河 護麿(ほりかわ もりまろ、1873年明治6年)8月13日[1] - 1926年大正15年)8月24日[1][2])は、明治から大正期の政治家華族貴族院子爵議員位階正三位勲三等

経歴[編集]

侍従堀河康隆の五男として生まれる[1][3][4]。父の死去に伴い、1896年1月20日、子爵を襲爵した[5][6]

1902年7月、貴族院子爵議員補欠選挙に当選し[7]研究会に所属して活動し、1925年7月まで四期在任した[2][4]。その他、南島拓殖製糖会社取締役を務めた[4]

1926年8月24日薨去墓所青山霊園1-ロ-8-20。2019年現在、墓所は無縁の状態となっている[8]

親族[編集]

住所:東京府北多摩郡狛江村和泉二〇七五[9]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『平成新修旧華族家系大成』下巻、501-502頁。
  2. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』54。
  3. ^ 『日本人名大辞典』1697頁。
  4. ^ a b c 『人事興信録』第7版、ほ11頁。
  5. ^ name=he
  6. ^ 『官報』第3766号、明治29年1月21日。
  7. ^ 『官報』第5719号、明治35年7月28日。
  8. ^ 青山霊園の改葬危機の墓所 - 探墓巡礼顕彰会
  9. ^ 人事興信録データベース

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第7版、1925年。
日本の爵位
先代:
堀河康隆
子爵
堀河家第2代
1896年 - 1926年
次代:
堀河康文