堀内佳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

堀内 佳(ほりうち けい、本名:同じ、1961年10月18日 - )は、 高知県四万十市生まれの男性シンガーソングライター血液型はO型。命や人権などを主なテーマに、学校関係を中心に国内・海外と幅広く、ギター弾き語りのコンサートを続けている。ラジオパーソナリティ歴約30年。 高知県観光特使

プロフィール[編集]

  • 1歳の時、先天性網膜膠腫(目の癌)により両眼球を摘出、全盲となる。
  • 5歳の時、親元を離れ高知市の高知県立盲学校に入学。
  • 中学生になった頃からレコードなどの音だけを頼りに、独学でギターを弾き始める。
  • 高1の時、同校の同級生たちと、『エメラルド』というバンドを結成、ラジオの音楽番組などに出演。
  • 1984年、同校専攻科を卒業、高知県土佐市の川田整形外科医院に、師として就職する。(この頃よりソロ活動を開始)
  • 1987年7月27日、奈良県で開催された“全国わたぼうし音楽祭”において、楽曲『やじろべえ』で文部大臣奨励賞を受賞。
  • 1990年4月より RKC高知放送ラジオパーソナリティとして出演を始める。
  • 1992年4月『輝け虹色丸』をCDシングルとして発表(C/W:『しあわせ色の風景』)。
  • 同年12月6日、東京日比谷公会堂での「『国連障害者の10年』最終年記念国民会議芸術祭」に、 世界各国の障害を持つアーティスト達と共に出演。
  • この年、日本青年会議所主催の“TOYP (The out of young persons)(トイップ大賞)”を、前年の橋本聖子選手(スピードスケート)等に引き続き受賞。
  • 1994年、『徳弘のおじいちゃん』をCDシングルとして発表(C/W:『校舎』 c/w:『My river』)。
  • 1998年7月、14年間勤務した病院を退職、プロミュージシャンとして歩み始める。
  • 2003年12月1日、渋谷Bunkamuraオーチャードホールで開催された「AAA (Act Against Aids) コンサート」に、森山良子夏川りみらと共に出演。
  • 2004年3月17日、堀内佳が編曲・伴奏・口笛・コーラスを担当する『ハルウララの詩-ただひたすらに-』が東芝EMIから全国発売。
  • 同年4月、NPO法人全世界空手道連盟 新極真会公式応援歌「入魂」を製作発表(堀内佳のサイト内入魂のページで試聴可)。
  • 同年9月、アメリカ合衆国カリフォルニア州都のサクラメントで毎年開催される"California state fair(カリフォルニアステートフェアー)"に招待され、ゴールデンワン(メインステージ)で二日間演奏したほか、サクラメント市内の教会やイベントのステージなど、12日間の渡米中5ステージを勤める。
  • 2005年2月17日、処女作から最新曲まで全14曲を収録したソロ初のフルアルバム「そのまま」を発売。
  • 2006年6月〜7月、高知県下3箇所(高知市室戸市四万十市)でのコンサートツアー『堀内佳withエルスール』を開催。
  • 2007年7月、『にじいろ佳倶楽部』主催での初コンサートとして、高知県立牧野植物園での野外コンサートを開催。
  • 2008年7月、経済産業省・中小企業庁から「新・がんばる商店街77選」に選出された高知市万々(まま)商店街のイメージソング「クマーマと一緒に」を製作発表。
  • 同年、プロ活動10周年記念として『にじいろ佳倶楽部』主催で、高知県内10ヶ所のコンサートツアーを開催するが、ツアー最終となるライブを目前に、9月より悪性リンパ腫(血液の癌)に罹り入院、約半年間の闘病を経て翌年3月、延期となっていたライブを開催。
  • 闘病中だった2008年11月、高知県土佐市制施行50周年記念として一般公募により寄せられ選出した詩を補作・作曲した「TOSA みんなが夢と出会うまち」を土佐市のイメージソングとして発表(土佐市 : 土佐市イメージソングのページでダウンロード可)。
  • 2009年7月17日、2NDアルバム「この指とまれ」の発売と、歌手活動復帰を記念し、高知県立美術館ホールでコンサートを開催。
  • 2010年1月16日、『にじいろ佳倶楽部』の企画・製作によるアルバム、堀内佳 童謡を歌う 「ねんねこのうた」を発売。
  • 2011年5月、RKC高知放送ラジオが行った「東日本大震災復興支援プロジェクト」の一環として、ラジオを通して募集したメッセージを紡ぎ作曲した『笑顔の花』を製作発表。
  • 2011年6月、高知県知事より「高知県観光特使」に任命される。
  • 2012年4月、初の自伝的エッセイとなる著書「もーもの歌たね きっと明日はしあわせ色」を南の風社より出版。

同年9月、著者自身による同書の朗読と、掲載歌の弾き語りを収録した同名のオーディオブックを、6枚組のCDとして発売。

  • 2012年10月、仙台市青年文化ホールにて、仙台フィルハーモニー管弦楽団のメンバー有志による「アンサンブル仙台」と共演した他、仙台市や石巻市など、東日本大震災の被災地を中心に5ヶ所でコンサートを開催。
  • 2013年2月、著書「もーもの歌たね きっと明日はしあわせ色」が、第57回高知県出版文化賞を受賞。

同年7月19日、NHK総合テレビの「ドキュメントしこく」で「そのままの君で 〜シンガーソングライター堀内佳〜」というサブタイトルでドキュメンタリー番組が放映され、その中で新曲「どんな君も」を発表。

同年8月、日本テレビ系列のチャリティー番組「24時間テレビ 愛は地球を救う」内の高知放送の企画で、幼くして白血病を患い10歳で永眠した少女と周囲の人たちとの関わりをテーマにした楽曲「ひまわり」を製作発表。

「エメラルド」時代[編集]

  • 高知県立盲学校時代、高校一年の時に、偶然同じ寮の同じ部屋になった4人で結成される。バンド構成は、堀内佳(ボーカル・リードギター)、佐伯広行(ボーカル・キーボード)、寺田正人(ボーカル・サイドギター)、森国正(ボーカル・エレクトリックベース)(2006年12月病死)。
  • バンド名を「エメラルド」と命名。5月に誕生したバンドだから…という説もある。バンド活動を続ける中、その音楽性の高さに次第に注目が集まる。同年、NHKFM放送の「FMリクエストアワー」に出演する。
  • 1985年頃、活動10周年を記念して15曲入りのレコード「エッセンス」を発売。限定1,000枚は完売した。
  • しばらく活動を休止していたが、2003年12月に、年末恒例となっている堀内佳のディナーショー「フレンドリークリスマス」でバンドとして演奏。
  • 2010年2月6日、高知県立美術館ホールで開催された「アラカンライブ2010」に存命のメンバー3人で参加。

主な代表曲[編集]

  • やじろべえ
  • 輝け虹色丸
  • 徳弘のおじいちゃん
  • 校舎
  • しあわせ色の風景
  • My river
  • そのままの君で・・・
  • こがらし色の片想い
  • 手紙
  • いちばん近いあなたへ
  • Happy Cocktail
  • 回想-円行寺口駅にて-
  • 2匹の犬
  • 夢キラキラ
  • パティオ
  • ひとりぼっちの冬
  • おもい
  • 生きててほしいから
  • 自分・生活・美しい
  • 平田
  • 回り舞台
  • Step up 物部川
  • 春の嵐
  • さくら
  • 実家
  • この指とまれ
  • 優しさの種 命の花
  • クマーマと一緒に
  • 入魂

ディスコグラフィ[編集]

アナログレコード[編集]

  • エッセンス(1985年頃) 制作販売/株式会社レコー

(曲名)

  1. 無題 (作詞、作曲/堀内佳 編曲/堀内佳 歌/堀内佳)
  2. 手紙 (作詞、作曲/堀内佳 編曲/堀内佳 歌/堀内佳)
  3. 弓張月 (作詞/寺田まゆみ 作曲/寺田正人 編曲/堀内佳 歌/佐伯広行)
  4. 回り舞台 (作詞、作曲/堀内佳 編曲/堀内佳 歌/堀内佳)
  5. 春はもう来ない (作詞、作曲/堀内佳 編曲/堀内佳 歌/堀内佳)
  6. ピエロのオルゴール (作詞/寺田まゆみ 作曲/寺田正人 編曲/堀内佳 歌/寺田正人)
  7. 酔っぱらい「高知版」 (作詞/寺田まゆみ 作曲/寺田正人 編曲/堀内佳 歌/全員)
  8. 蜩 (作詞/寺田まゆみ 作曲/寺田正人 編曲/堀内佳 歌/寺田正人)
  9. 赤い海 (作詞/寺田まゆみ 作曲/寺田正人 編曲/堀内佳 歌/堀内佳・寺田正人)
  10. 平田 (作詞、作曲/堀内佳 編曲/堀内佳 歌/堀内佳)
  11. 春の嵐 (作詞、作曲/堀内佳 編曲/堀内佳 歌/堀内佳)
  12. 木枯らし色の片思い (作詞、作曲/堀内佳 編曲/堀内佳 歌/堀内佳)
  13. 決心 (作詞/森国正 作曲/堀内佳 編曲/堀内佳 歌/森国正)
  14. Pandora (作詞/寺田まゆみ 作曲/寺田正人 編曲/堀内佳 歌/寺田正人)
  15. 黄色い自転車 (作詞/寺田まゆみ 作曲/寺田正人 編曲/堀内佳 歌/寺田正人)

シングル[編集]

  • 自分・生活・美しい(1985年頃) 作詞、作曲/堀内佳
  • (C/W)やじろべえ 作詞、作曲/堀内佳


  • 輝け虹色丸(1992年4月) 作詞、作曲/堀内佳 編曲/中洲明夫 制作販売/株式会社ユニゾン
  • (C/W)しあわせ色の風景 作詞、作曲/堀内佳 編曲/中洲明夫


  • 徳弘のおじいちゃん(1994年) 作詞、作曲、編曲/堀内佳 制作販売/株式会社ユニゾン
  • (C/W)マイ・リバー 作詞、作曲/堀内佳 編曲/中洲明夫
  • (C/W)校舎 作詞、作曲、編曲/堀内佳


※上記の曲は、株式会社ユニゾンHP(CDコレクション)より、試聴可能な曲もある。


  • ハルウララの詩(うた)-ただひたすらに-(2004年3月) 制作販売/東芝EMI
歌/スターター吉田&堀内佳
作詞/宗石大(ハルウララ調教師) 作曲/吉田昌史(高知競馬広報マン)
編曲/堀内佳 実況/橋口浩二(高知競馬実況アナウンサー)

ソロアルバム[編集]

  • そのまま (2005年2月)

(曲名)

  1. プロローグ やじろべえ
  2. そのままの君で・・・
  3. こがらし色の片想い
  4. 手紙
  5. いちばん近いあなたへ
  6. Happy Cocktail
  7. 回想-円行寺口駅にて-
  8. 2匹の犬
  9. 夢キラキラ
  10. パティオ
  11. ひとりぼっちの冬
  12. おもい
  13. 生きててほしいから
  14. 自分・生活・美しい

※ソロアルバム「そのまま」の試聴・購入は、堀内佳のプライベートサイト(アルバム詳細情報)から可能。

  • この指とまれ (2009年7月)

(曲名)

  1. 平田
  2. しあわせ色の風景
  3. 回り舞台
  4. STEP UP 物部川
  5. 春の嵐
  6. さくら
  7. やじろべえ
  8. 実家
  9. 輝け虹色丸
  10. この指とまれ
  11. 優しさの種 命の花

※「この指とまれ」の試聴・購入は、堀内佳のプライベートサイト(アルバム「この指とまれ」情報)から可能。

  • 堀内佳 童謡を歌う 「ねんねこのうた」 (2010年1月)

(トラック名)

  1. プロローグ この指とまれ  
  2. 語り
  3. お母ちゃんのねんねこよ
  4. 語り
  5. 春よ来い  
  6. 金魚の昼寝  
  7. 雨  
  8. しゃぼん玉  
  9. とんぼのめがね  
  10. 赤とんぼ 
  11. ちいさい秋みつけた 
  12. 里の秋 
  13. 七つの子 
  14. 夕焼小焼 
  15. 語り
  16. どんぐりころころ 
  17. かあさんの歌 
  18. 赤鼻のトナカイ 
  19. ペチカ 
  20. 浜千鳥
  21. リンゴのひとりごと
  22. 語り
  23. 大きな古時計
  24. 揺籃のうた

※「ねんねこのうた」の詳細情報は「にじいろ佳倶楽部」のサイト内のページ(堀内佳 童謡を歌う 「ねんねこのうた」)に掲載。

出演番組[編集]

ラジオ番組[編集]

  • 堀内佳の気まぐれターンテーブル 月〜金曜日18:10〜18:20 高知放送
  • 堀内佳のコーヒーブレイク 「今日も元気にパワラジ」内/月2回(第2・第4火曜日)13:45〜14:00 高知放送

インターネットラジオ[編集]

  • 堀内佳のきまぐれネットWAVE(不定期)
2003年2月から開始。株式会社ユニゾンのHP(きまぐれネットWAVE)から聴ける。

過去出演ラジオ番組[編集]

  • ラジオふるさと便(2003年2月9日) 文化放送

関連項目[編集]

外部リンク[編集]