基 (曖昧さ回避)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

  • 化学において:(き、group、radical)は化合物中の原子団を区分した呼称である。で詳しく述べる。また以前はフリーラジカルを基(radical)と呼称した。
  • 数学において:(き、basis)は極小生成系のこと。ベクトル空間の基底開基(= 開集合の基)などに詳しい。
  • 人名
    • (ji, き、632年-682年):仏教家。詳細は基 (僧)参照。
    • 基王(もといおう):聖武天皇の皇子。生後間もなく皇太子にたてられたが、間もなく没した。
    • 基満男(もとい みつお):1960年代から80年代にかけて活躍したプロ野球選手。
    • 基 王代仁(もとい みよひと):大相撲力士の千代ノ皇王代仁の入門当時の四股名であり、本名。
  • 墓石や、据付け設置する機械を数える時に用いる助数詞(1基、2基・・・)。
    • 地球周回する人工衛星は助数詞として「機」を用いるが、「基」を用いる事例も見られる。