執金吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

執金吾(しつきんご)とは中国の官名。

元々はでの武官職名の中尉である。漢代の警護の武官として、中郎令・衛尉・中尉があり、中郎令は皇帝の身辺警護と選抜された護衛官である郎官の統率を司り、衛尉は徴兵制度で集められた地方からの衛士からなる南軍を統率して宮城内の警備を司り、中尉は中央近辺で召集された材官・騎士の軍士からなる北軍を統率して京の巡察・警備を司った。中尉は前漢武帝太初1年(紀元前104年)に、執金吾と改称された。秩禄は中二千石であった。

執金吾の属官には中塁・寺互・武庫・都船の四令(長官)と丞(副官)があり、武庫・都船には三丞(副官)、中塁には二尉(武官)があった。式道・左右中候の候・丞、左右輔都尉の尉・丞・兵が執金吾に属した。

参考文献[編集]

  • 班固漢書』百官公卿表七上
  • 西嶋定生『秦漢帝国』

関連項目[編集]