坂本慶次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂本慶次郎(さかもと けいじろう、慶応2年(1866年)?[1] - 明治33年2月17日1900年2月17日))は、明治時代日本強盗犯。名は啓次郎とも、慶二郎と表記された文献もある[2]。 足が驚くほど速く、1日に48も逃げのびた、またその犯行の行動範囲の広さから「稲妻小僧」「稲妻強盗」という異名を持つ。

幾度かの犯罪の後、逮捕。出獄後も犯行を重ねたため、再逮捕後の明治21年に無期徒刑の判決を受けて北海道樺戸集治監へ押送された。しかし数度の脱獄を企て、明治28年9月に外役中に逃走。関東に舞い戻り、傷害や強盗、強姦を重ねつつ、奪った金で遊郭で豪遊するなどしていた。この間、伊藤博文落胤を自称するなどしていた。明治32年(1899年)2月14日に、埼玉県北葛飾郡幸手町にて逮捕。同年10月6日に水戸裁判所にて死刑宣告、明治33年(1900年)2月17日、市ヶ谷監獄支署にて絞首刑に処された。警察が把握している被害件数は45件、奪った金は700円余り。死者3人、重傷者13人。

東京都新宿区長善寺に墓がある。

坂本慶次郎に触れた作品[編集]

  • 村松梢風「私の履歴書」日本経済新聞、昭和31年(1956年)8月9日 - 8月18日(Wikisource

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「さて稲妻は坂本七郎兵衛の長男にして幼名を芳松と呼びしが慶応二年の生まれなるを以て後に慶二郎と改名したり」(金槙堂 1899)p.21
  2. ^ 事件・犯罪研究会編『明治・大正・昭和・平成事件・犯罪大事典』東京法経学院出版、2002年、52頁

参考文献[編集]