長善寺 (新宿区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長善寺
Sasadera temple yotsuya.JPG
山門
所在地 東京都新宿区四谷4-4
位置 北緯35度41分12.1秒
東経139度43分4.1秒
座標: 北緯35度41分12.1秒 東経139度43分4.1秒
山号 四谷山(しこくさん)
宗旨 曹洞宗
本尊 釈迦如来[1]
創建年 天正3年(1575年
開山 文叟憐学
開基 高坂昌信
正式名 四谷山長善寺
別称 笹寺
札所等 東京三十三観音霊場16番
地図
長善寺 (新宿区)の位置(東京都区部内)
長善寺 (新宿区)
法人番号 9011105000652
テンプレートを表示

長善寺(ちょうぜんじ)は、東京都新宿区四谷にある曹洞宗の寺院。

歴史[編集]

同寺は、甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名・武田信玄の家臣であった高坂昌信天正3年(1575年)に建てた庵を起源とするが[1]、開山の憐学は寛永9年(1632年)に没していることから、それまでには寺院として成立していたものと思われる[1]

以上のことから同寺は、江戸幕府により寛永11年(1634年)以降に四谷の地に寺院が多く移る前から、同地に開かれていた寺院ということになる[1]

長善寺は別名笹寺とも呼ばれ、これは二代将軍の徳川秀忠ないしは三代将軍徳川家光のどちらかが名づけたとも言われているが、確証はない[1]。いずれにしても境内にが繁っていたことに由来するという見方が有力である。

本尊の釈迦如来像は元禄年間の作で[1]、寺宝となっている「めのう観音」(新宿区指定文化財)は徳川秀忠の念持仏であったとも伝わる[1][2]

また、同寺には「四谷勧進角力始祖」と刻まれた大きな石碑がある。これは江戸時代の伝説的な力士明石志賀之助が寛永元年に境内で6日間の相撲興行をしたのを記念して作られたものである[1]

同寺の墓地には、江戸時代に活躍した国学者林国雄や、その子林甕雄、さらに孫の林甕臣、同じ国学者で畠山梅軒と孫の畠山如心斎などの歴史的な人物の墓がある[1]

主な施設[編集]

  • 本堂
  • 稲荷神社
  • 笹寺会館(葬儀が可能な会館)

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 新宿歴史博物館編(1997) pp. 93-94
  2. ^ 新宿区教育委員会掲示板

参考文献[編集]

  • 新宿歴史博物館編『ガイドブック新宿区の文化財 史跡 東部篇 改定版』1997年