坂本和一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
坂本和一
生誕 1939年10月31日
研究分野 現代企業論、アジア太平洋学
テンプレートを表示

坂本 和一(さかもと かずいち、1939年10月31日 - )は、日本経済学者立命館大学名誉教授、学校法人立命館評議員。専門は、現代企業論、アジア太平洋学。石川県生まれ。

学歴[編集]

1963年京都大学経済学部卒業後、同大大学院へ進学。1968年、京都大学大学院博士課程単位取得退学。同年立命館大学経済学部に着任。1975年経済学博士号(京都大学)を取得した。博士論文は『現代巨大企業の生産過程』。

略歴[編集]

主な受賞歴[編集]

  • 1987年 - 第2回テレコム社会科学賞(対象業績『IBM - 経営戦略と組織改革』)
  • 2004年 - 平成16年度大分合同新聞文化賞特別賞

主な著書[編集]

  • 『現代巨大企業の生産過程』 (1974年有斐閣)-(博士論文)
  • 『現代資本主義の生産様式』 (1976年青木書店
  • 『現代巨大企業と独占』 (1978年、青木書店)
  • 『現代巨大企業の構造理論』 (1983年、青木書店)
  • 『新経済学の基礎』(共編著)(1984年、有斐閣)
  • 『技術革新と企業構造』(編著) (1985年ミネルヴァ書房
  • 『IBM - 経営戦略と組織改革』 (1985年、ミネルヴァ書房)
  • 『現代日本の企業グループ』(編著) (1987年、東洋経済新報社
  • 『現代工業経済論』 (1988年、有斐閣)
  • 『GEの組織革新』 (1989年法律文化社
  • 『21世紀システム - 資本主義の新段階』 (1991年、東洋経済新報社)
  • 『コンピューター産業 - ガリヴァ支配の終焉』 (1992年、有斐閣)
  • 『新しい企業組織モデルを求めて』 (1994年、晃洋書房
  • 『新版GEの組織革新』 (1997年、法律文化社)
  • 『アジア太平洋のエポック』(編著) (1998年、法律文化社)
  • 『アジア太平洋時代の創造』 (2003年、法律文化社)
  • 『鉄はいかにしてつくられてきたか』(2004年、法律文化社)
  • 『The Challenges facing Ritsumeikan Asia Pacific University』(2004年、大地社)

外部リンク[編集]