坂戸バイパス (埼玉県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
国道407号標識
関越自動車道鶴ヶ島インターチェンジ付近

坂戸バイパス(さかどバイパス)は、国道407号埼玉県坂戸市片柳から鶴ヶ島市高倉までの区間通称である。区間全体にわたって、片側2車線で整備されている。坂戸市・鶴ヶ島市を縦断する基幹路線となっている。

概要[編集]

この区間は、埼玉県道熊谷入間線のバイパス道路として建設された際に、坂戸バイパスという名称となった。また、関越自動車道鶴ヶ島ICへのアクセス道路としての機能もあり、1978年に開通した。

その後、1982年に熊谷入間線が国道407号の一部として再編成された際、旧道は国道指定されなかった。このため、このバイパス道路自体が国道の本線となってしまったが、両市の公式文書、沿道の施設・店舗等はこの道路を坂戸バイパスとして表示・案内することが多いようである[要出典]。また、VICSにおいても、同区間は坂戸バイパスと表記されている。

交差する道路[編集]

交差する道路 交差点名 最高速度
(km/h)
車線数
(共用/計画)
所在地
国道407号 (東松山バイパス)・熊谷方面
埼玉県道256号片柳川越線 高坂橋 60 4/4 坂戸市
埼玉県道74号日高川島線 片柳
埼玉県道269号上伊草坂戸線 ろう学校前
埼玉県道39号川越坂戸毛呂山線バイパス 八幡
埼玉県道39号川越坂戸毛呂山線 ※立体交差
関越自動車道 鶴ヶ島IC
埼玉県道114号川越越生線 鶴ヶ島市役所入口
国道407号・入間方面

沿線の主な施設[編集]

接続するバイパスの位置関係[編集]

(足利方面)東松山バイパス - 坂戸バイパス - 鶴ヶ島日高バイパス(入間方面)

関連項目[編集]