地球を七回半まわれ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みんなのうた
地球を七回半まわれ
歌手 宍倉正信
杉並児童合唱団
作詞者 阪田寛夫
作曲者 越部信義
編曲者 越部信義
映像 実写(*1)
アニメーション(*2)
映像制作者 マキノプロ(*2)
初放送月 1965年10月-11月(*1)
1973年2月-3月(*2)
再放送月 1997年4月-5月(ラジオのみ)
2006年4月-5月(*1)
2016年1月(*2、お楽しみ
2021年7月(*1、後述)
テンプレートを表示

地球を七回半まわれ」(ちきゅうをななかいはんまわれ)は、日本の歌。作詞:阪田寛夫、作編曲:越部信義、歌:宍倉正信杉並児童合唱団

概要[編集]

NHKで放送された子供向け歌番組『歌のメリーゴーラウンド』で1965年8月に放送。1965年10月-11月、NHKの『みんなのうた』で放送。その頃から始まったモータリゼーションに因み、車をテーマにしている。またリズムは、当時流行っていたゴーゴーを使用。

タイトルの『七回半』は、光速が秒速300,000km、地球の周囲の長さが40,000kmで300,000÷40,000=7.5である事により、光速度を具体的に表す言葉として、「1秒間に地球を7回半まわる」という言い方がされる場合がある。

開始当初はモノクロ実写版だが、1973年2月-3月にはマキノプロ(牧野圭一主催のアニメプロ)制作によるカラーアニメ版でリメイクされた。

1997年4月-5月ではラジオのみで再放送し、2006年の再放送・2011年4月3日放送の『みんなのうたスペシャル 1960'sセレクション』での再放送・2021年7月の再放送ではモノクロ実写版が使用された。モノクロ実写版の映像は、1番は神奈川県横浜市こどもの国のゴーカート風景、2番は首都高速道路、3番は富士スバルラインとなっている。一方のカラーリメイク版は「みんなのうた発掘プロジェクト」で映像が提供され、2016年1月に「みんなのうたお楽しみ枠」限定で43年弱振りの再放送された(サイドパネル付き・ニュープリント)。

なお2021年7月放送分は、テレビでは「みんなのうた60周年セレクション」の一環として、『進め!しんじ君』(芹洋子)・『勇気一つを友にして』(山田美也子)と共に放送、放送では『勇気一つ』はフルコーラスだったが、本曲と『しんじ君』は放送時間を縮小、3曲とも視聴者からの思い出のナレーションが添えられた。一方ラジオでは本曲と『勇気一つ』の2本立てで放送、双方ともフルコーラスで放送され、思い出は省かれた。