圧痛点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

圧痛点(あっつうてん)とは、身体を診断する際、指などで圧迫したときに強く痛みが出る点をいう。疾患によって特定の部位に痛みを感じるため、重要な診断要素の一つである。

主な圧痛点[編集]

マックバーネー(McBurney)[編集]

マックバーネーの圧痛点(1の部分)

マックバーニーとも呼ばれる。大変有名な圧痛点である。右下腹部(右上前腸骨棘とを結ぶ線を3等分し、右から3分の1の点)にあり、虫垂炎の診断には不可欠である。名前の由来はチャールズ・マックバーネー(en:Charles McBurney (surgeon))から。

ランツ(Lanz)[編集]

虫垂炎の圧痛点。左上前腸骨棘と右上前腸骨棘を結ぶ線を3等分し、右から3分の1のところにある。虫垂炎の圧痛点にはこのほかにもキュンメルモンローといった圧痛点が存在する。

ボアス(Boas)[編集]

胃潰瘍十二指腸潰瘍の圧痛点。第12胸椎の左側にある。

小野寺[編集]

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の圧痛点。臀部(腸骨稜の約3cm下)にある。名前の由来は小野寺直助

キュンメル(Kummel)[編集]

臍の右下1~2cmの部であり、大網が虫垂の炎症のために引き降ろされた部である。

モンロー[編集]

虫垂炎の圧痛点。(Munro、ムンロー、マンロー)点:臍と右上前腸骨棘とを結ぶ直線と、腹直筋の外縁との交叉する部位にある。

レンズマン(Lenzmann)[編集]

ディートリッヒ(Dietrich)[編集]

モティ(Mottis)[編集]

ラスリッセン(Lothlissen)[編集]

クラド(Clado)[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]