土橋重治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

土橋 重治(つちばし しげはる、生没年不詳)は、戦国時代武将雑賀衆の1人。土橋重隆の子。兄に土橋守重

雑賀衆の一人として本願寺家と共に織田信長に抵抗した。

天正10年(1582年)1月23日に鈴木重秀によって守重が謀殺されると、居城に籠って織田に徹底抗戦するが、織田信張に敗れ、長宗我部家を頼って舟で土佐へ逃れた[1]

本能寺の変後、雑賀へ戻って来るが、羽柴秀吉(豊臣秀吉)に家臣として招かれるも、仇敵の重秀と同門になるのを良しとせず、断った。

天正13年(1585年)、秀吉の雑賀攻めで抗戦するも、砦を陥されて敗北。またも舟で土佐へ逃れた[2]

その後、北条氏政に仕えるが、小田原征伐で北条家滅亡後、毛利家に仕えた[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 紀伊続風土記土橋伝記抜書
  2. ^ 宇野・小早川家文書
  3. ^ 阿部猛・西村圭子「戦国人名事典」