国際再生可能エネルギー機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
加盟国(2009年1月26日機関発足時現在)

国際再生可能エネルギー機関(こくさいさいせいかのうえねるぎーきかん、International Renewable Energy Agency、略称IRENA)とは、再生可能エネルギーを世界規模で普及促進するための国際機関。再生可能エネルギー技術の移転を促進し、実用化や政策の知見を提供することを目的として2009年1月26日に設立された。

歴史[編集]

2008年4月10日から11日にかけて、準備会合がドイツベルリンで開催され、54か国が参加した[1]。会合では、組織の目的・活動・資金・組織構成等について話し合われた。参加者は、国際機関の援助によってより安全で、持続可能な再生可能エネルギー経済へ移行することの必要性を表明した。2010年までに、機関が完全に機能を開始するために2500万ユーロの初年度予算の確保を目指している[2]

加盟国[編集]

設立会合で署名したのは全部で75か国である.[7]。 2011年6月1日現在署名国は、149か国、うち批准を完了して加盟国となっているのは72か国である.[8]

脚注[編集]

  1. ^ Preparatory Conference for the Foundation of the IRENA, Berlin, 10-11.04.2008, List of participating countries (PDF)” (英語). 国際再生可能エネルギー機関 (2008年4月11日). 2009年2月8日閲覧。
  2. ^ IRENA launches today” (英語). Incisive Media Ltd (2009年1月26日). 2009年2月8日閲覧。
  3. ^ 国際再生可能エネルギー機関(IRENA)憲章の署名” (日本語). 外務省 (2009年6月29日). 2009年7月3日閲覧。
  4. ^ 国際再生可能エネルギー機関(IRENA)憲章の批准書の寄託” (日本語). 外務省 (2010年7月1日). 2011年6月6日閲覧。
  5. ^ 国際再生可能エネルギー機関(IRENA)憲章の批准書の寄託” (日本語). 外務省 (2010年7月1日). 2011年6月6日閲覧。
  6. ^ 国際再生可能エネルギー機関(IRENA)憲章の批准書の寄託” (日本語). 外務省 (2010年7月1日). 2011年6月6日閲覧。
  7. ^ The list of Signatory States (PDF)” (英語). 国際再生可能エネルギー機関 (2009年1月26日). 2009年2月8日閲覧。
  8. ^ The list of Signatory States (PDF)” (英語). 国際再生可能エネルギー機関 (2011年6月1日). 2011年6月6日閲覧。

外部リンク[編集]