国体文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国体文化
ジャンル 保守・民族派
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 日本国体学会
編集長 金子宗徳(2015~)
刊行期間 大正15年(1926年) - 現在
ウェブサイト http://www.kokutaigakkai.com/

『国体文化』(こくたいぶんか)は、里見日本文化学研究所・日本国体学会から刊行されている月刊誌[1]

概要[編集]

大正15年1926年)に、国体学者里見岸雄研究機関であった里見日本文化学研究所から『日本文化』として創刊され、何度かの改題を経て[2]平成18年2006年4月から現名称。平成29年2017年)現在、編集長は金子宗徳

書店での販売はなく、日本国体学会のウェブサイトを通じた販売のみ。定価500円。年間購読料は誌友5,000円・会員10,000円[3]

「国家なき時代を領導する」とのキャッチフレーズを掲げ、グローバル化が進む時代だからこそ「人類社会模範たり得る〈国体〉を改めて見直し、現実の国家に反映させること」が必要と主張。「我が国の将来に関して真摯な議論を展開する言論誌でありたい」という姿勢を堅持[4]し、国体・皇室問題については、著名な言論人にも厳しい批判を加える。

『WiLL』に対しての批判[編集]

WiLL (雑誌)』(平成28年6月号)に掲載された西尾幹二加地伸行の対談「いま再び皇太子さまに諫言申し上げます」に対し、金子宗徳の「西尾幹二加地伸行への断筆勧告」を掲載した[5]が、これについて中島岳志は「国体論の本質を追究することで、右派論壇の問題点をあぶり出す議論は、傾聴に値する」と評価している[6]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]