品川めし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

品川めし(品川飯・しながわめし)はシャコご飯とを組み合わせた、東京都品川郷土料理である。

本山荻舟著の「飲食事典」には、東京湾において江戸時代まで、深川飯に用いられるハマグリなどと共に、シャコも多産しており、ハマグリを使った丼を深川飯、シャコの方を品川飯と称したと書かれている。先の文献に「庶民に愛された」とあるように、漁師町のまかない料理だったとしている文献もあり、料亭や料理屋で出すような洒落た料理ではない。定義付けは曖昧で、浦リヨ著・「郷土料理」に紹介されているのは、下煮をしたシャコを、ご飯を炊く途中にふいたところで混ぜて炊き上げたものであるが、その他にも砂糖醤油で煮付けたシャコを丼飯の上に載せたもの、卵とじを載せたものなどもあった。後にはシャコが獲れなくなり高額となったため、シャコ同様に沢山獲れたアナゴを入れたものも、「品川めし」と呼ばれるようになり、バリエーションは家によって異なっていたらしい。

品川丼[編集]

品川丼

「品川丼」は「品川めし」とは異なる。「品川めし」を復元している店もあるが、その他の丼にも「品川丼」と銘打ってある場合がある。もっとも知られるのは、品川駅京浜東北線ホームと山手線ホームで出される丼で、ご飯の上に、天つゆを浸したげそと桜海老のかき揚げを載せた丼に、吸い物がつくものである。

関連項目[編集]