和田あき子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

和田 あき子(わだ あきこ、1938年 - )は日本ロシア文学者藤沢周平の研究も行っている。岐阜県出身。早稲田大学大学院文学研究科博士課程退学。夫は和田春樹東京大学名誉教授

著書[編集]

単著[編集]

  • 和田あき子 『藤沢周平の世界へようこそ』 川崎市生涯学習振興事業団かわさき市民アカデミー出版部〈かわさき市民アカデミー講座ブックレット〉、2002年。ISBN 978-4916092496

共著[編集]

訳書[編集]

  • アレクサンドル・チャヤーノフ『農民ユートピア国旅行記』(和田春樹と共訳。晶文社、1984年)ISBN 4794946406
  • バーグマン『ヴェーラ・ザスーリチ ―ロシア女性革命家の生涯』(三嶺書房、1987年)ISBN 4914906511
  • アンナ・ラーリナ『夫ブハーリンの想い出』(岩波書店、1990年)ISBN 4000002449 ISBN 4000002457
  • アラ・ヤロシンスカヤ『チェルノブイリ極秘 ―隠された事故報告』(平凡社、1994年)ISBN 4582740111