和泉紗江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
和泉佑三子から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
いずみ さえ
和泉 紗江
別名義 白峰 さゆり(旧芸名)
生年月日 (1982-05-11) 1982年5月11日(39歳)
出生地 広島県尾道市
身長 162cm
血液型 A型
職業 女優歌手
ジャンル 舞台ドラマ映画
活動期間 2003年 -
活動内容 2003年:宝塚歌劇団入団、宙組配属
2007年:宝塚歌劇団退団、芸能活動再開
事務所 オフィスジンギス
公式サイト 和泉紗江オフィシャルサイト
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

和泉 紗江(いずみ さえ、1982年[1]5月11日[1] - )は、日本女優歌手[1]。元宝塚歌劇団宙組の娘役[1]

広島県尾道市[1]英数学館高等学校出身[2]。身長162cm[1]。血液型A型[1]。愛称は「さゆり」[2]。宝塚歌劇団時代の芸名は白峰さゆり(しらみね・さゆり)[2][1]

所属事務所はオフィスジンギス[3]

来歴[編集]

2001年、宝塚音楽学校入学。

2003年、宝塚歌劇団に89期生として入団[1]月組公演「花の宝塚風土記シニョール ドン・ファン」で白峰さゆりとして初舞台[2]。その後、宙組に配属[1]

2007年2月12日、貴城けい紫城るいトップコンビ大劇場お披露目であり退団公演でもある「維新回天・竜馬伝!/ザ・クラシック」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[4]

退団後は和泉紗江と改名し、芸能活動を再開。

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

宙組時代[編集]

  • 2003年「白昼の稲妻・テンプテーション」
  • 2004年「ファントム
  • 2004年「Angels in Harmony」
  • 2005年「ホテルステラマリス・レビュー伝説」
  • 2005年「炎に口づけを・ネオヴォヤージュ」
  • 2006年「NEVER SAY GOODBYE
  • 2006年「宙組エンカレッジコンサート・宝塚バウホール公演」
  • 2006年「維新回天・竜馬伝!ザ・クラシック」 退団公演

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

ドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 赤毛のアン(2009年10月、国際フォーラム・C ホール) - 主演:アン役
  • 赤毛のアン(2010年9月、国際フォーラム・C ホール) - 主演:アン役
  • 「L'espace du journal」~日記の空間~(2011年舞台 baka2+14=?主催) - クリスティーン役
  • ミュージカル・炎のキリスト「チェ・ゲバラ」(2012年、天王洲 銀河劇場) - ヒロイン:アレイダ役
  • 麗花 Body Expression・MANGEKYO(万華鏡) (2012年シアターX)
  • IMAGINE9.11(2012年、野方 WIZ) - 主演 :ハリエット役
  • 遥かなる時を越えて(2012年) - ヒロイン: マリア役
  • 月と狼と太陽(2013、NHK 大阪ホール) - エル役
  • 古代浪漫ミュージカル『TAKERU』(2014年) - ヒロイン: 弟橘姫役
  • ミュージカル『徳太郎』(2015年) - ヒロイン :貞子役
  • 二人芝居『the MEANING of...』LIVE(2015年、@神楽坂 THEGLEE)
  • 椿欣也座長東京&ツアー公演(2015、全国ツアー) - ヒロイン: お露役
  • 足利ミュージカル『竹取物語』(2017年) - ヒロイン: かぐや姫役
  • 日本書紀 壬申の乱より『鳳飛伝』(2017年) - ヒロイン: 額田王役
  • 足利ミュージカル『里見八犬伝』(2018年) - 玉梓役
  • 足利ミュージカル遥かなる時を越えて(2019 年)ーヒロイン: マリア役
  • 足利ミュージカル『竹取物語-かぐや姫』(2019~2020年) – 主演 : かぐや姫役
  • 『~日本書紀 編纂1300年~亀山・今・昔・物語』(2020年)ーヒロイン:宮簀姫役
  • 足利ミュージカル『ごんぎつね』(2020年) – 山神役

映画[編集]

CM[編集]

  • コスモドライビングスクール
  • ミツカン味ぽん「55周年記念 味ぽんとって!」篇(2019年10月〜)
  • アテニア化粧品「ドレスリフト」(2020年6月〜)
  • イオンネットスーパー(2020年9月〜)
  • ヒビケア軟膏「痛いひび割れ」(2020年11月〜)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j Profile 和泉紗江オフィシャルサイト。
  2. ^ a b c d 『宝塚おとめ 2006年度版』 阪急コミュニケーションズ、2006年、155頁。ISBN 4-484-06504-5
  3. ^ Office Jinggis 所属のお知らせ 和泉紗江オフィシャルサイト。
  4. ^ 『2007年宝塚 Stage Album』 阪急コミュニケーションズ、2008年、81頁。ISBN 978-4-484-08502-9

参考文献[編集]

  • 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』 阪急コミュニケーションズ、2014年。ISBN 978-4-484-14600-3

外部リンク[編集]