和崎信哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

和崎 信哉(わざき のぶや、1944年11月22日 - )は、WOWOW相談役。社会人類学者京都大学名誉教授の和崎洋一は実父。[1]文化人類学者中部大学教授の和崎春日は実弟。

来歴・人物[編集]

京都府京都市出身。京都府立山城高等学校へ進学。元日本サッカー代表選手の釜本邦茂とは同級生。[1]卒業後、京都大学教育学部進学。卒業後の1968年NHK入局。NHK入局時代は番組制作局教養科学部チーフ・ディレクター、同社会教養部チーフ・プロデューサーを経験。 1992年6月に同生活情報番組部長に就任し、1995年6月に同衛星放送局(ハイビジョン)部長、2001年6月に同総合企画室(デジタル放送推進)局長、2003年6月に同理事をそれぞれ歴任。NHK定年退職後、2005年社団法人地上デジタル放送推進協会専務理事となる。2006年6月よりWOWOW代表取締役会長、2007年6月より代表取締役社長となり、2015年7月より現職。

2019年春の褒章で藍綬褒章を受章[2][3]。。

脚注[編集]

  1. ^ a b 朝日新聞 2012年5月26日 朝刊 青のbe 3面
  2. ^ 令和元年春の褒章 取締役相談役 和崎 信哉が藍綬褒章を受章 PR TIMES、2019年5月20日
  3. ^ 『官報』14号、令和元年5月21日

外部リンク[編集]

先代:
廣瀬敏雄
WOWOW社長
2007年 - 2015年
次代:
田中晃