周生賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
周 生賢(2009)

周 生賢(しゅう せいけん、1949年 - )は中華人民共和国の政治家。中華人民共和国環境保護部部長などを歴任した。

寧夏回族自治区呉忠市同心県出身、1968年7月呉忠師範学校卒業。1972年中国共産党入党。高級経済師高、中共第十六届中央候補委員、十七届中央委員。

履歴[編集]

  • 1972年、中国共産党入党 寧夏同心県豊州中学教員、同心県副県長、中共同心県委書記、寧夏西吉県委書記、寧夏回族自治区人民政府副秘書長、秘書長等を歴任
  • 1984年4月、中央党校研修(~1986年)
  • 1993年5月、寧夏回族自治區人民政府副主席
  • 1998年4月、寧夏回族自治區區委常委
  • 1998年5月、寧夏回族自治區人民政府副主席(~1998年12月)
  • 1999年2月、国家林業局副局長兼党組副書記
  • 2000年11月、国家林業局局長兼党組書記
  • 2001年4月、全国緑化委員会委員
  • 2008年3月、環保総局局長を経て、環境保護部部長兼党組書記に任命される
  • 2013年3月、全人代で再任される
  • 2015年1月28日、環境保護部部長兼党組書記を退任[1]

後日,全国政協十二届全国委員会常務委員会第九次会議は、全国政協第十二届全国委員会委員、全国政協人口資源環境委員会副主任に任命した[2]

その他[編集]

2013年4月、北京上海等の代表が習近平に対して、周の罷免を求める署名を提出した[3]

参考資料[編集]

脚注[編集]