中華人民共和国自然資源部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

中華人民共和国自然資源部(ちゅうかじんみんきょうわこくしぜんしげんぶ)は、中華人民共和国国務院に属する行政部門。土地利用政策、資源政策を管轄する。

2018年3月13日に国務院の全国人民代表大会の機構改革案で国土資源部・国家海洋局国家測量地理情報局と統合、自然資源部を新設した[1]

歴任部長[編集]

  • 周永康(1998年3月 - 1999年12月)
  • 田鳳山(1999年12月 - 2003年10月)
  • 孫文盛(2003年10月 - 2007年4月)
  • 徐紹史(2007年4月 - 2013年3月)
  • 姜大明(2013年3月 - 2018年3月)
  • 陸昊(2018年3月 - 現任)

内部機構[編集]

以下の職能司(日本の省庁の内部部局にあたる)が置かれている。

  • 弁公庁
  • 国家土地総督察弁公室
  • 政策法規司
  • 企画司
  • 財務司
  • 耕地保護司
  • 地籍管理司
  • 土地利用管理司
  • 地質勘査司
  • 鉱産開発管理司
  • 鉱産資源儲量司
  • 地質環境司
  • 科学技術・国際合作司
  • 人事司
  • 機関党委員会
  • 離退休幹部局
  • 法律執行監察司

自然資源部が管理する国家局[編集]

自然資源部が管理する国家局(日本の省庁の外局にあたる)は以下の通り。

  • 国家林業草原局

脚注[編集]

  1. ^ 産経ニュース(2018年3月13日)

外部リンク[編集]