呉征鎰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

呉征鎰(ご せいい、ウー・チェン イー、1916年6月13日 - 2013年6月20日)は中国の植物学者である。中国科学院会員に選ばれ、2008年中国の国家最高科学技術賞を受賞した。

江西省九江市に生まれた。揚州出身の学者の家系で、兄弟に寄生虫学者の呉征鑑や文学史家の呉白匋(征铸)らがいる。江蘇省立揚州中学から1933年に清華大学に入学し生物学を学んだ。1940年から西南連合大学理科研究所で張景鉞に学んだ。1950年に中国科学院植物研究所の研究員、副所長となり1955年に中国科学院学部委員(中国科学院院士)、1958年に中国科学院昆明植物研究所所長となりその後、中国科学院主席構成員,中国科学院昆明分院院長,雲南省科委副主任,雲南省科協主席などを務めた。

中国語版『中国植物誌』の編集を行い、英訳版の共同監修などを行った。著書は他に『雲南植物志』、『西蔵植物志』などがある。

1980年からアメリカ植物学会の終身外国人会員、スウェーデン植物地理学会名誉会員、ソビエト植物学会通信会員に選ばれた。1997年に世界自然保護協会の理事を務め、1999年、国際花と緑の博覧会記念協会のコスモス国際賞を受賞し、2007年度国家最高科学技術賞を受賞した。

C.Y.Wuは、植物の学名命名者を示す場合に呉征鎰を示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

参考文献[編集]