黄昆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北京大学物理学科にあるブロンズ胸像

黄昆(こう こん、1919年9月2日 - 2005年7月6日)は中華人民共和国物理学者北京出身。中国科学院に所属していた。2001年に国家主席江沢民より国家最高科学技術賞を受賞した。

1919年北京生まれ。北京に本部を置く燕京大学を将来有望な物理学者として卒業した。1948年、イギリスブリストル大学のH. H. Wills Physics Labより博士号を取得し、リヴァプール大学でポスドク研究を続け、そこで1949年から1951年までマックス・ボルンとともにDynamical Theory of Crystal Lattices(結晶格子の力学理論)を共著した。

1951年、中国へ教鞭をとるために戻り、北京大学で物理学教授となった。1955年、中国科学院の最初のアカデミー会員の1人となった。1983年の退官後、半導体の研究に引き続き積極的に取り組み、1987年から1991年まで中国物理学会の会長を務めた。中国科学院の半導体研究所の所長を務めていたこともある。

固体物理学の分野において貢献が多くある。ノーベル賞受賞者マックス・ボルンとの共著の結果であるDynamical Theory of Crystal Latticesは、弔辞の言葉によると現代物理学の古典的作品となっている。ボルン・黄近似の名前の一部はこの人物にちなむ。