呉一島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
呉一島
各種表記
ハングル 오일도
漢字 吳一島
発音: {{{nihonngo-yomi}}}
日本語読み: ごいっとう
テンプレートを表示

呉一島(ごいっとう、1901年陰暦2月24日 - 1946年2月28日)は朝鮮詩人。本名は呉熙秉は一島。詩誌『詩苑』の発行に尽力し、朝鮮の詩文学に貢献する。自身も豊かな自然を叙情的に吟じた。

略歴[編集]

1901年陰暦2月24日慶尚北道英陽郡英陽面甘川洞780番地に生まれる。父は楽安呉氏の呉益休、母は義興朴氏の次男。漆原県監呉時俊の10代目の子孫であり、家はたいへん豊かな大地主である。呉は、生まれてすぐ、形式的に祖父の兄弟のところの養子となったが、実際は生家で教育を受ける。14歳まで私塾で漢文を勉強し、1915年に地元の公立普通学校に入学する。成績が優秀であったため、飛び級をして卒業、1918年に上京し、京城第一高等普通学校(現・京畿高等学校)に入学する。また、14歳のとき、同郷の漢陽趙氏の娘、趙畢賢と結婚する。

1922年、京城高校の卒業を待たずに日本に渡る。そして1年ほど学校に通った後、立教大学哲学科に入学する。夏休みに帰省した後、関東大震災の混乱でしばらく東京に戻れなかったが、1929年に立教大学を卒業し帰国した。

1931年ソウル鍾路区堅志洞に住み、槿花学校に無俸給で1年間教鞭をとった。作品活動もこの頃から始まる。1934年、伯父に私財を貰い、中学洞に詩苑社を建てた。自宅にはほとんど帰らず、詩苑社に寝泊りし、雑誌作りに没頭する。そうして1935年2月、詩誌『詩苑』の創刊号が刊行される。『詩苑』は朝鮮の詩文学の発展に寄与するが、経済的な困難のため8号を出して、休刊となった。呉は表立った反日運動に参加していないが、新幹会の会員であったためか、何度か警察に呼ばれている。1942年、日帝の言論弾圧が日増しに強められる中で、呉は筆を投げて家族を連れて郷里に戻り、引きこもってしまう。

1945年8月15日、朝鮮は解放を迎える。呉も解放を喜び再びソウルへ上京した。親友たちと顔を会わせ、『詩苑』の復刊を模索したが、健康を害し、1946年女子医大病院に入院する。しかし、もう手が付けられない状態であると判断され、呉は長男の家に移ることになる。死ぬ最後まで、詩篇を整理し、遺稿を世に出せるよう力を尽くした。1946年2月28日、夭折する。その遺骸は弥阿里墓地に埋葬された。その後、1961年京畿道楊州郡陶農の家族の墓に改葬される。

呉一島の生家は、呉一島詩碑公園として保存され、1991年9月6日、慶尚北道文化財資料第248号に指定された。

年譜[編集]