呂二十六型潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
呂二十六型潜水艦(海中4型)
呂号第二十六潜水艦
艦級概観
艦種 二等潜水艦
艦名
前級 呂十六型潜水艦(海中3型)
次級 呂二十九型潜水艦(特中型)
性能諸元
排水量 基準:770トン
水中:1,080トン
全長 74.2m
全幅 6.1m
吃水 3.7m
機関 ズルツァー[1]2号ディーゼル2基
電動機、2軸
水上:2,600馬力
水中:1,200馬力
速力 水上:17kt[2]
水中:9kt
航続距離 水上:10ktで6,000海里 
水中:4ktで85海里
燃料 重油
乗員 45名
兵装 28口径8cm高角砲1門
7.7mm機銃1挺
53cm魚雷発射管 艦首4門
備考 安全潜航深度:45.7m

呂二十六型潜水艦(ろにじゅうろくがたせんすいかん)は、大日本帝国海軍潜水艦の艦級。海中4型(かいちゅうよんがた)とも。同型艦3隻。戦歴無し。

概要[編集]

本型は海中3型を発展させたものである。それまでの海中型の運用実績から凌波性等の不足が明らかになり、乾舷と予備浮力増大のため、船体が大型化された。兵装では舷側魚雷発射管が廃止され、艦首発射管4門のみとなった。魚雷は53cm魚雷を搭載する。

1918年(大正7年)度の八六艦隊案により全部で3隻が建造され、1923年(大正12年)から翌年にかけて竣工した。特に戦果、戦歴等はない。3艦とも1940年(昭和15年)に除籍され、その後は海軍潜水学校に係留されたまま訓練に使用された。呂27は終戦時沈没状態だったという。3隻とも戦後に解体された。

同型艦[編集]

1924年(大正13年)11月1日に「呂号第~潜水艦」と改名。

呂26[編集]

呂27[編集]

呂28[編集]

  • 呂号第二十八潜水艦 ←第六十二潜水艦から改名
    • 1923年(大正12年)11月30日竣工(佐世保海軍工廠)。1940年(昭和15年)4月1日除籍。

脚注[編集]

  1. ^ SULZER社。英語読みではスルザー。
  2. ^ 『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』によると水上速力16ノット。

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0462-8
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第一法規出版、1995年。

関連項目[編集]