U46 (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横須賀での仮称○2(旧U46)

U46ドイツ海軍U43型潜水艦(Uボート)。Ms型とも呼ばれる中型量産潜水艦の1隻。

ダンチッヒ工廠で建造され、1915年5月18日に進水、同年12月17日に竣工した。11回の任務をこなし、55隻の商船を撃沈した。第一次世界大戦終了後日本に戦利獲得され、1918年12月19日受領。ほかの戦利獲得された潜水艦とともに第二特務艦隊によって日本に回航される。日本海軍籍には編入されず、潜水艦の引き上げ実験等に利用された後に廃艦となった。日本における名称は〇二潜水艦(仮称)である。

第二次世界大戦VII型潜水艦U-46についてはU-46を参照のこと。

諸元[編集]

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0462-8

関連項目[編集]